画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

近視になると発生する寄り目はレーシック手術では治らない

レーシックの治療を受けた際に聞いた話ですが、極度の近視になると寄り目になりやすくなるそうで、専門用語では輻そうと呼ばれる現象になるそうなのです。
たとえば指でつまんだ小さいものを見るときには自然と寄り目になりますが、それと同じような状況が日常化してしまうことからこうしたことになるのだそうです。
病名としては、調節製内斜視というそうなのですが、几帳面で真面目な性格の人や、対象物をしっかり見る必要のある職業の人などには起きやすい状況となっているようです。
この治療法は、ひとつは専門の手術となるようですが、軽度のうちはめがねやコンタクトによる矯正を行うことも可能になるようです。
ところで、この寄り目状態でレーシックの手術は出来るのかという疑問が沸き起こってきます。
先生によると寄り目でも目の状態に問題がないようならばレーシック治療を受けることができるそうです。
ただし、寄り目のほうは根本的な解決策にはならないそうなので別個に手術をうける措置をとったほうがいいようです。
視力が改善しますとたしょうなりとも改善することもあるようなので、レーシックを受けるのであれば、先に手術をしてそのあとでこの内斜視の調整をしていくことが必要になるようです。
なかなか目の病気というのはわからないことが多いため、素人が勝手に思い込んだり、判断してしまったりするのは危険ですが、どこのクリニックでも定期的にレーシック治療に関する相談会を行っていますので、そういうタイミングに参加して個別にいろいろと相談をしてみますと、かなり細かなことも理解できるようになり、不安も解消することができますので、参加していろいろ相談してみるのがいいのではないかと思います。
私も最初のことはわからないことばかりで、かなり色々なことを質問してようやく納得できるようになったことを覚えています。
今では手術をして本当によかったと思っていますし、なによりめがねのお世話にならずに高い視力を維持していることがこんなに清清しい生活になるとは思ってもいませんでした。
やはり近視を克服することができたことは非常に人生を変えてくれる大きなポイントになってと思っていますので、視力に悩むかたはぜひ検討してみる価値があると思います。

コンテンツ

おすすめ