画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの前には予約をしておこう

レーシックを受ける前には適応検査をする必要があります。
この適応検査を受ける時は予約をしておく必要があります。
そのクリニックによっても多少違いはありますが、コンタクトレンズを使っている人は検査の数週間前からつけないようにする必要があるからです。
ソフトレンズなら3日前から1週間くらい前、ハードレンズは1週間前から3週間前から使用禁止になります。
私はコンタクトレンズはその時使ってなかったのですが、検査自体は数時間かかるということだったので時間に余裕がある時に予約をとりました。
実際に検査には3時間ほどかかりました。
検査する内容は視力や眼圧、他には角膜の厚さなども調べます。
特に角膜の厚さは重要で、レーシックでは角膜を削るので、削った後に残るのが400ミクロンはないとだめなんだそうです。
ドライアイの傾向を調べるために涙の量を測ってみたり、瞳孔径の測定や角膜内皮細胞や角膜のカーブなども調べます。
検査の後には医師による診察があって、眼底も調べます。
その時に検査の結果や説明もあります。
この適応検査で適応することがわかったら、レーシックを受けることはできますが、手術を受ける前にも予約を入れておかなければいけません。
検査の後に手術を決意できていれば、その場ですぐ予約を入れていってもいいですし、もしまだ決意がつかなかった場合はしばらく考えてからでもOKです。
もちろん手術の前もコンタクトレンズの使用をやめなければいけないです。
手術前日にはしっかりお風呂に入っておくのがおすすめです。
手術日当日は目がぬれるといけないのでお風呂は入れないのです。
また当日はお酒やタバコは禁止ですし、車の運転もできません。
またメイクも整髪料もしないでください。
私は車を持ってる家族に送迎をお願いしました。
手術は目の消毒や点眼麻酔をして、器具でまぶたを閉じないように固定し、まず角膜の表面でフラップを作ります。
フラップはふたのような役目をします。
これを開いておいてレーザーを角膜に照射します。
照射する時間はその人それぞれで違います。
照射後にはフラップを元の位置に戻して、目の感染症などを防ぐために点眼薬をさし、終了です。
帰る時には目のまぶしさを一時的に感じることがあるので目を保護するためにサングラスのようなメガネをかけます。
家へ帰ってからもなるべく目を休ませるようにします。
夜眠る時にはまた目を保護するためにアイマスクをつけて寝ます。
このアイマスクは1週間ほどずっとつけて寝なくてはいけません。
寝ぼけたりしてる時に目をこすってしまい、手術で作ったフラップがずれないようにするためです。
私はドライアイがもともとあったので目をしょっちゅうこすってしまう癖があったのでこのアイマスクは本当に役立ってくれました。
安眠もできたので、目を休ませることもできました。
レーシックを受けた翌日には視力の回復を感じることができ、メガネをかける必要がない生活がうれしくて仕方なかったです。
手術後1週間はなかなか落ち着かない生活ですが、これから先の長い人生からすれば短い時間ですからその間は慎重にしておくのがベストです。
目がクリアに見えることに感謝して大切にしていくつもりです。

コンテンツ

おすすめ