画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術で近視と乱視が治りました。

私は近視と乱視の両方の症状があり、高校生の頃からずっと眼鏡を使用してきました。
最初は近視だけだったのですが、電車の中でよく本を読んでいたので、近視だけではなく、乱視の症状も出るようになってきました。
私は自分で言うのもなんですが、二重まぶたで大きな目をしていますので、眼鏡をかけない方が容貌がいいと思っていたので、眼鏡をかけずに生活をしたいとずっと思っていました。
一時期、コンタクトレンズをしていた時もありましたが、どうもコンタクトレンズは私の体質や、面倒なことが嫌いな私の性格には合っていなかったので、すぐにやめてしまいました。
眼鏡をかけずに視力を矯正するにはレーシック手術を受けることしかないと思って、レーシックについていろいろ調べてみたところ、近視だけではなく、乱視も手術を受ければ治ることがわかったので、私は手術を受けることにしました。
最初はサイトを見ても、ほとんどのサイトは乱視の事は何も書いていなかったので、本当に大丈夫なのかと思いましたが、レーシックは、屈折異常のあらゆる症状に対応することができる事がわかったので、手術を受ければ、近視も乱視も治る事がわかりました。
ついでに言うと、遠視の治療もできるので、すべての屈折異常を手術で治すことが可能です。
私は手術を受ける病院をインターネットを使って調べました。
あまり遠方の病院だと、手術後の通院にも支障が出ると思ったので、なるべく近所の病院で、手術の腕の高い病院を探した結果、自分に合ったいい病院を見つけることができました。
その病院はインターネットのクチコミサイトのランクが高くて、バナー広告も目にしていた事があったので、信頼できる病院だと思いました。
手術の料金もホームページに記載してあり、分割払いにも対応していると書いていたので、私は分割払いで手術を受けようと思いました。
手術には健康保険が使えないので、手術の料金は高額でしたが、最先端の治療を受けることができるわけですし、手術を受ければ見栄えの悪くなる眼鏡をかける必要もなくなるので、値段以上のメリットがあると私は思いました。
ただ、症状によっては手術を受けることができない場合もあるということなので、とりあえず、一度病院に行って、お医者さんと相談をしようと思いました。
相談料は無料だったので、とても気軽に相談をすることができました。
レーシック手術の内容について詳しい説明を受けた後、適応検査を受けてみたところ、私の場合は手術によって良くなりことがわかったので、その病院で手術を受けることにしました。
手術は思っていたよりも簡単で短時間で終わりました。
手術後も何回か通院しましたが、手術は成功したみたいで、後遺症などもなく、眼鏡なしでも生活を送ることができるようになり、とても嬉しく思っています。
自分の目だけで鮮明な世界を見ることができるようになりましたので、大げさではなく、世界が変わるような感覚を覚えました。
手術料金も医療費控除を受けることができましたので、とても助かりました。
レーシック手術は健康保険の対象外であっても、医療費控除を受けることができる場合がありますので、領収書などはきちんともらって保管をしておくことが大事です。

コンテンツ

おすすめ