画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

難しいと言われた乱視や遠視も矯正可能となったレーシック技術の進歩

正常な目の場合、見たいものにすぐ焦点を合わせることが出来ますが、いろんな事情で、目の焦点がうまく合わなくなった状態のことを、屈折異常といいます。
レーシックの正式名称はレーザー角膜屈折矯正手術と言いますが、この新しい視力矯正手術は、レーザーで個人の状態にあわせ角膜を削り、角膜の形状を変えることで屈折率を調節して、網膜上に正常な焦点を結ぶよう屈折異常を矯正します。
日本人には近視の人が圧倒的に多いためか、一般的にはレーシック手術が、近視だけを矯正する手術だと思っておられる方も多いようですが、技術は日々進歩していますから、矯正可能な乱視、遠視の範囲は有るものの、乱視や遠視の方にも大幅に適応範囲が広がっています。
確かに、この新しい視力矯正手術が行われ始めた初期の頃は、乱視や遠視などについては、技術的に視力矯正が大変難しいものでしたが、近年の技術進歩で手術の方法や施術の技術も格段に向上し、最近ではかなり複雑な乱視や遠視、老眼なども、安全に視力矯正手術を受けられるようになっています。
屈折異常の様々なケースに対応した、新しい手法の開発に伴う設備の高度化により、大きく手術精度が向上したことで、不可能と言われた強度の乱視や遠視にも対応が可能になってきたため、益々この新しいレーザー角膜屈折矯正手術に期待が集まっています。
現状での問題点は、健康保険適用外の自由診療なので、眼科やクリニックが自由に価格を決めることができるため、10万程度から60万を超えるところまで、視力矯正手術費用の差がとても大きいのが難点です。
また、視力矯正手術の人気に便乗して、粗悪な手術で高額な費用を請求する、悪質な施術者が増えていることも、大変頭の痛い問題ではありますが、最近レーシック手術が一般化したことや、技術の大幅な向上や価格競争などで、低価格化もどんどん進んでいますから、悪質な施術者も自然に淘汰され、将来的には誰もがもっと気軽に低価格で、視力矯正の手術を受けられる様になることが予想されます。
ただ、手術精度が向上したとはいえ、最新のレーシック手術でも稀に失敗することはあります。
再び視力低下を起こしたり、矯正手術後の後遺症や合併症が起こる場合も有りますが、失明するケースはこれまで起こっていません。
またそれらの副作用は、再手術により改善することも可能ですから、矯正手術の安全性について取り分けて過敏になったり、強い不安感を持つ必要は有りません。
ただ、矯正手術は各個人の決断によるものですから、あくまでも自己責任という自覚を持って、リスクについては十分に理解をしてから、手術をするかどうか決めましょう。
選び方の基本は料金体系が明確で、適応検査の際にも、不安に対してよく相談にのってくれるところが理想です。
また、手術後のアフターケアや、眼科医の技術や設備と評判なども十分考慮した上で、決断することは言うまでも有りません。
簡易的な適正検査を無料で行なっている所も多いので、手術の決断にあたって不安を感じるのであれば、手術を受ける前に一度行って相談すると良いでしょう。
ただ、無料と謳いながら料金をとる悪質な所もありますので、十分確認の上検査に臨みましょう。
質問によって表情や態度が変わるところは要注意です。
現在レーシック手術を行う、眼科やクリニックの選択肢はとても多くなっていますから、不安感や不快感を感じた場合は、改めて別の所で相談することをおすすめします。

コンテンツ

おすすめ