画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックで乱視を治すのにかかる費用

視力を回復できる最も有効な手段として人気の高いレーシックは、近視や乱視を治療することが可能です。
最近のレーザー治療に使用する機器は、年々進化しているので以前よりも対応するできる範囲が広くなりました。
私も小さい頃から視力が悪く、強度の乱視を持っていたので常に眼鏡かコンタクトが必要な状態でした。
年頃になると眼鏡を使うのが嫌になり、コンタクトを使っていました。
しかし花粉症なども持っていたため、シーズンになるとコンタクトがすぐに外れて困っていました。
以前かられー飼育には興味がありましたが、費用が高いことと実績がまだ少なかったので治療をするのはためらっていました。
しかし私の友人がレーシックの手術をして、視力が劇的に回復したのを聞いて手術に興味を持つようになりました。
友人は近視だったので、私の場合適応できるのか不安でしたが、カウンセリングに行くことにしました。
カウンセリングでは、レーシック手術の種類や特徴を色々と説明されました。
手術にかかる費用は使用するレーザー機器によって違うので、検査をしてからの判断になります。
早速その日に検査をして、手術ができるのかを確認することにしました。
私の場合は、角膜が厚かったので手術をするには十分だとのことでした。
長年の悩みが解消できると思い、手術をすることに決めました。
医師から様々なレーザー機器の特徴を聞き、乱視の場合に使う機器と費用を説明されました。
せっかくなので一番高い手術を行うつもりだったのですが、その手術は近視の方が効果が高いと言われて変えることにしました。
最終的に行う手術は、総額で23万になる手術を選択しました。
この手術は私のような乱視を持っている人に非常に有効で、同じような症状で手術した人はほぼ全員満足している結果を残しています。
その他にも10万ほどの費用で手術できるプランもありました。
金額の違いは高ければ良いというものではなく、どの手術が一番効果があらわれるかを基準に医師が判断しています。
私の場合は、かなり視力が悪く近視も持っていたので、23万のプランの方がより良い効果を期待できるということでした。
私の視力は0.01というかなり低い数値だったので、しっかり視力を矯正するには高い方の手術が有効だと判断されました。
同じ症状でも、視力がそれほど悪くない場合は、もう少し安いプランでも十分効果が期待できます。
しっかりと医師の判断に従うことが重要になります。
手術後は無事成功に終わり、現在でも快適な生活を送っています。
レーシックの手術は視力回復に非常に効果的な手術になります。
様々なレーザー機器を使用するという特徴があり、症状にあった手術をすることが重要になります。
手術によって金額は異なりますが、費用が高い手術の方が効果が高いというわけではありません。
カウンセリングでしっかりと検査をして、自分にあった手術がどれなのかを医師に判断してもらうことが非常に重要になります。
特に乱視のように特殊な症状を持っている人は、どの程度の症状かでレーシック手術の金額が異なります。
目的や予算に合わせて手術を選択することも可能なので、一度カウンセリングで確認することをお勧めします。

コンテンツ

おすすめ