画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術の利点、欠点

視力回復手術レーシックについての、利点と欠点について、お話したいします。
視力を矯正する方法として、眼鏡、コンタクトレンズ、視力回復手術があります。
それぞれに、それぞれの利点があります。
眼鏡の場合は、直接眼に触れることがないので安全です、酸素を100パーセント供給できる。
ファッションが楽しめる、お手入れが簡単、簡単にかけたり外したりできる、遠近両用がある、紫外線防止できる、費用が抑えられる、といった点が眼鏡の利点です。
欠点は、度数が強くなるにつれて、レンズが厚くなる、運動するときにずれやすいので、スポーツには向かない、近視の場合、眼が小さく見えてしまう、視野が制限されて狭くなる。
といった欠点があります、コンタクトレンズにも眼鏡と違ったメリットがあり、直接眼に装着するのでプリズム作用、収差がない、コンタクトレンズをしていることが見た目にはわからない、強い近視や遠視、乱視に適している。
スポーツや眼鏡のできない職業に適している、度が強くても、度が強くても物が小さく見えたりすることがない、レンズがくもらないなど利点はたくさんあります。
欠点もあります、眼に直接装着するので、酸素の供給が少ない、洗浄や保存のお手入れが面倒、レンズが目からずれて眼が痛くなる、長時間使用できないなどの、欠点があるます、次にレーシック手術の利点をお話しします。
裸眼で快適な日常を過ごすことができる、短時間の手術で終了する、入院の必要がない、痛みをほとんど感じない、永久的な視力矯正効果がある、コンタクトの合わない人でも可能な場合がある、失敗のリスクはほとんどない、アイレーシックやイントラレーシックは安全性が高いです。
欠点は、眼の状態や病気により適用できない場合がある、一時的な手術費用が掛かる、失敗や後遺症などのリスクはある、夜間の視力が低下することがある、比較的新しい手術のため安全性が立証されていない、術後の生活にある程度の制限がある、100パーセント成功するとは限らない、術後しばらくはハロやグレアが残るといった欠点があります。
視力矯正には、様々な良いところと、そうでないところがありますので、どの方法が自分のライフスタイルに合うのかを、よく考えて、視力矯正の種類を選びましょう。
この手術をお考えの方は、まず、自分の眼が手術に適している眼なのかを、眼科クリニックに来院して、検査を受けて調べてください。
必ず、全員の人が受けられる手術とは限りません。
手術を受ける側の、向き不向きがありますので検査を受けることを、おすすめします。
核膜を削ることで、視力を矯正するために、角膜の薄い人は、手術が受けられないのです、角膜の厚さについては、眼で見てわかるものではなく、眼科で検査してもらわないと、わからないので、見ていただいた方が良いです。
手術をしている眼科クリニックでは、説明会を開催しているところがありますので、説明を聞き、どのような手術なのかをご自分で把握して、決定することが大切です。
よくわきまえながら、五次群のスタイルに合った、視力矯正を選んでください。
レーシック手術は、手軽な手術として、人気ですが手術ですので、くれぐれも安易に考えない方が良いでしょう。

コンテンツ

おすすめ