画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術の裏事情

よくレーシック手術と聞くと危険であったり、レーシック難民などの造語がうまれる程に一部では問題とされています。
そのレーシック手術自体の裏事情としてどのような事情があるのかというと、一部のアンケートサイト等で実際の眼科医等を集めて裏事情を聞いた事があります。
その裏事情というのは危険だけど行うとかそういう違法的な問題はなく、安全性が高いけど医師としては網膜にメスを入れることに生理的な嫌悪感を持っていたり、視力が悪い医師でも視力の問題であって眼球そのものは正常だからこそ、医師としてではなく個人として手術を行う程ではないという解答などがありました。
実際に医師によってはメガネをかけていた方が裸眼よりも安全であったり、有効性があったりもします。
その為に裏事情と言うとレーシック手術そのものに対して何らかの問題があるように見えますが、実際は何ら手術そのものに問題はないそうです。
私自身も眼科医にレーシック手術の危険性について聞いたことがありますが、危険性で言えば他の医療系の手術と大差なく利用する人自身の知識に対して医師が、どれくらいの説明をきちんと行なっているのかが問題なだけだそうです。
その眼科医もメガネをかけていましたが、眼科医でも手術を行う際に患者の方の体液が眼に入ったりする危険性を除外するために、手術は行わずメガネの状態のままにしているのだそうです。
実際に、眼科医の方の話によると手術中に患者さんの体液が眼に入り手術に危険がでるケースや、何らかの疾患に感染するという裏事情がある為に手術を説明したり行う眼科医でも利用される人の安全性や、リスクを最小限に抑える為にもそのままのメガネの状態にしているという事です。
更に、難民等の問題に対しても実際に手術が原因で起こった症状に関しては適切な処置を行うのが、通常ですが利用された方によってはそのアフターケア等の処置そのものを断ってしまったり、実際に申し出るという人が少ないというのも現状では問題のようです。
その眼科医の方の話を聞く限りでは一部でそういったケースが問題になっている為、説明の義務であったりリスク等についてはしっかりと同意を受けた上で行なっていて、それはどの病院での手術と変わらない同意書を交わしているのが大体の医療で行なっているようです。
実際にその同意書を見せてもらいましたが、詳しく予後起こる可能性のリスクについても文章に記載されていました。
但し、この手術自体がまだ最新医療の1つであるために、かなりの長期的なデータがとれていない為、現状で類似性のない疾患が出ている人でも関係性が全くないとは言い切れないそうです。
だからこそ手術を行う際には必ず様々なリスクを覚悟の上で行う必要性があります。
特に視力の場合には日々の生活において、最も重要な部分を占める為に安易にメガネやコンタクトレンズ等の代わりと考えて、手術を申し出るのではなくしっかりとリスクや情報収集を行った上で、専門医と綿密に話し合った上で行った方が後々トラブルになったり、何らかの問題が出た際にもしっかりとした処置やアフターケアが行い易くなります。
また、手術を行う前に家族などに相談するのも万一の際に重要なポイントになります。

コンテンツ

おすすめ