画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

老眼や近視にも最適なレーシック手術を受けるのに勉強した内容と体験談

メガネやコンタクトレンズなどの装具を付けることで屈折異常を強制するのではなく、手術によって現在の近視と老眼などの大きな原因となる角膜の形状を変え、屈折形状を変え、屈折異常を取り戻すのが屈折強制手術という事でした。
また、屈折強制手術には、メスで角膜の周辺部に放射状に切り込みを入れて角膜中心部のカーブを変えるRKエキシマレーザーというものを照射して角膜の表面を削り、角膜の形状を変えるPRK、LASIKなどがあることを説明されました。
屈折強制手術の歩みについてはよくわかりませんでしたが、歴史的にはRK、PRK、レーシックの順に開発され、今、手術の最先端で主流なのはレーシックということがわかりました。
レーシックは従来の手術が達成し得なかった高いレベルで私の近視を矯正することができ、いままで近視手術に懐疑的だった私の心までも、現在はレーシックの有効性は高く評価しています。
熟練した眼科専門医による手術の安全性はほぼ確立されているといえるからそう感じたのかもしれません。
一度手術を受けた私は、殆どの人と同様に翌日からかなり見えるようになりましたし、痛みも殆どありませんでしたので、かなり高額な治療費を費やしても患者さんの術後の満足率が高いことが理解出来ました。
しかし、いくら痛みがないからと行っても、角膜にメスを入れたり、レーザーをあてるという事による恐怖心を払拭しにくい面があるのは事実でした。
また、メガネやコンタクトレンズなどと異なり、一度手術で矯正した角膜を、その後に何度も手術して度数を変えるという事はできないという事でした。
メガネの矯正を好まない人、そしてコンタクトでの矯正にも問題がある人にとっては、レーシックが有力な選択肢となりますが、手術を受ける前にこの手術を受けるかどうか精密な検査を行う必用があります。
手術を受けるためにはこの適応検査で様々な条件をクリアしなければなりませんでした。
例えば、年齢、近視の度数、角膜の厚み、角膜の形状、眼疾患、全身疾患などによってはこの手術を受けられないことがあるそうです。
私は問題なくパスができ大丈夫でした。
いずれにしても、屈折矯正手術を受けるにあたっては、正しい情報を入手して、メリットデメリット、リスクについて医者と検討して納得したうえで決断することが重要だと感じます。
「簡単に視力が治せるらしい」「友人が受けて調子が良いから」などの理由で安易に考えずに自分にあった矯正方法は他にあるのか、何かを慎重に考えたほうが良いでしょう。
私自信はそうではありませんで、まったく逆でしたが、近視の程度が軽い人や、メガネやコンタクトレンズにまったく不自由を感じていない人はあえて手術を受ける必用はないと考えています。
実際に手術後、視力回復の速さは矯正度数によって異なる個人差があり、一概にいえませんが、私の場合、かなり早期に比較的良い視力が得られました。
ただ、当日は相当霞んだ感じがし、翌日くらいから異物感や違和感もなくなり、徐々にはっきりものが見えるようになりました。
私の場合は2から3ヶ月の間に若干、屈折が変動することがありましたが、それも直ぐに安定したのでいまでは心配ありません。

コンテンツ

おすすめ