画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックによる老眼矯正の費用について

1年ほど前に私が近視と乱視の矯正手術を受けて成功したことから、親戚の男性が老眼のレーシック手術を受けることを決意して、いろいろな方法や費用を検討していました。
そもそも老眼のための手術というのはレーシックでは修正できないといわれてきたのですが、最近では実に様々な手法が開発されて、国内でも施術されているようなのです。
主な治療方法としては、様々な方法がありますが、年齢や眼球の状態、ライフスタイルなどによって、適した治療方法は異なってくるそうです。
そんな中でも今中心になっているのが二つの術式です。
一つはスープラコアと呼ばれるもので、最新のレーザー技術を使って角膜に遠近両用のコンタクトレンズのような凹凸を作る方法で、両目ともに遠くも近くも見えるのが特徴で、理想的な治療法と呼ばれています。
費用的には両目で30万から36万前後で受けることができるようです。
またもう一つ有名なのがレーシックカムラと呼ばれるもので、こちらは既存の手術方法に角膜に入れる老眼用のリングを組み合わせた治療法で、近視とは別に治療することができるのが大きな特徴です。
私の親戚の男性はこれを受けることになりましたが、とにかく二つのトラブルを両方別々に矯正できるというのがなかなか画期的な方法ということができます。
近視部分は既存のレーザーで治療を行うことになるのですが、老眼にはカメラインレーと呼ばれるコンタクトよりも小さく黒いリングを挿入して近くを見えるように矯正するのです。
カメラインレーは、主に見ることに使われる効き目ではないほうの目の角膜に挿入します。
大きさは約3.8ミリ、厚さ5ミクロンの小さな黒いリングで、小さな穴が開いており、その穴から見ることでピンホール効果が働くことになり、近いものを見やすくするのです。
この方法の特徴としては、後からカメラインレーを取り出すこともできますし、先にレーシックの治療を行った方でも老眼が始まってから別にこの治療を受けることもできるのです。
この方法であれば、年取って目が見えにくくなったところで追加の治療を受けることもできるというわけです。
したがって何か視力の調子が変わってしまったというときでも修正が効くところが大きなポイントとなっているようです。
この方法には手術のレベルによりかなり金額が異なるようで30万円から50万円ぐらいまでの幅が設定されているようです。
しかし価格の問題もさることながら目にあうかどうかが重要となりますから、必ず事前に適正チェックを受けてみるのがいいと思います。
無料の適正検査を受けますとこのピンホール効果についての疑似体験もできるようです。
多少気になるのは、この方法ですと近くだけですが、左右の見え方が違うところです。
実際に手術を受けてみた知人の感想によりますと、思っていた以上に違和感はないそうで、確実に見えるという点では、なんの問題もないようです。
目というのは多分に慣れてしまえば違和感はなくなるものですから、こうした方法でも十分に視力回復を味わうことができるようです。
非世言うとしては、やはり30万から50万程度を用意する必要があるようですが、それだけの価値のある施術といえるでしょう。

コンテンツ

おすすめ