画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックを受ける事で老眼になるなどの症状

私は中学生の頃から次第に視力が低下し、受験勉強が原因となり目が悪くなったと自覚していました。
そして、高校生の頃から今までは、眼鏡やコンタクトを併用しての生活が続き、大変不便な生活を強いられていました。
この時にテレビでレーシックの手術を知り、当初は怖いというイメージや、料金が高いという先入観かられれほど興味はありませんでしたが、個人的にこの手術を調べたところ非常に失敗の少ない手術で、衛生管理の整った専門的な眼科クリニックで手術すれば何の問題も無い事を知り、この手術に興味を持ちました。
又、プロのスポーツ選手もこの手術を受け現役で活躍していることから、この手術を受けてみようと思いました。
しかしながら、この手術を受ける事を決め調べていくうちに、幾つかの気になる点がありました。
特に、手術後の老眼になるなどの症状や、ドライアイの症状が出る事などは気にかかり、手術を受ける前のカウンセリングで、これら術後の問題についてドクターに質問しました。
その結果、手術に関するあらゆる心配が解消され、安心してこの手術に臨む事が出来ました。
ここではレーシックを受ける事で老眼になるなどの症状についてお話致します。
先ず最初に、この視力矯正の手術を受ける方が増えるに伴い、手術自体の認知度も高まり、多くの方がこの手術で視力を矯正するようになりました。
近年では、手術の費用も低価格になり、手術が受けやすくなったために、レーシックを受ける方がより増える事が予想されます。
私がこの手術を受ける際に気になった点は、手術を受ける事で老眼が早まるという情報を入手したことです。
実際にカウンセリングでドクターにこの点を尋ねてみましたが、手術後老眼になったことに気づき易くなることはあるものの、老眼が早まるような事は無いとの事でした。
中高年の方は誰でも老眼の症状が出る事になり、近くが見えづらくなる症状が出てきます。
一般的に、近視の方は老眼であっても老眼の症状に気づきにくい傾向があります。
その為、手術により近視が矯正されると、これまでは気がつかなかった見えづらい事に気づき易くなるのです。
逆に、この手術を受けることで老眼の症状にもメリットがあります。
近視と老眼の症状が出ている場合は、眼鏡やコンタクトレンズで眼が非常に疲れ易くなりますが、レーシック手術で近視が矯正されることで、目への負担を軽くすることが出来ます。
このようなお話をドクターから直接聞くことが出来たために、私は安心して手術を受ける事が出来ました。
次に、この手術後にはドライアイの症状が強くなるという情報を入手し、私は手術前にこの点も気になりました。
この手術前には炎症を抑える目的で点眼薬を使用します。
その影響から、涙の分泌が減少してドライアイの症状が出ることがあります。
これは一時的な症状で、涙の分泌量が回復すればドライアイの症状は改善されます。
私はドクターからこのようなお話を聞き、一時的にドライアイになる可能性がある事を知り、この症状の特徴を確認してから手術を受けました。
私はこのようなレーシック手術後の基本的な症状について理解していた為に、余計な心配をする事無くこの手術を受ける事が出来ました。

コンテンツ

おすすめ