画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックで老眼治療ができる

レーシックの手術を1年ほど前に受けたときに、先生から伺った話ですが、現代のレーシック治療を利用すれば老眼治療もできるとのことでした。
特に最近注目されているのが、レーシックカメラによる手術方法です。
この手法は、もともと持っていた近視や乱視、遠視を矯正し、よく見える状態にした上で、目の加齢からくる視力の衰えを回復できるものとのことで、老眼の初期症状が起きる40代中盤からの人達にとっては非常に注目される手術方法ということになります。
老眼鏡が必要なるとしたら、かなり画期的な手法ということになります。
このレーシックカメラという方法は、通常のフラップの視田に小さくて薄いリング状のフイルムを挿入することだけで実現することができるそうです。
このリング状のフィルムをカメラインレーと呼びますが、この中に白内障の手術に使う眼内レンズの一部と同じ素材が使われているのです。
したがって安全性はすでに実証済みということになります。
遠くから近くへ目線をうつすとぼやけるといった症状がでるのであれば、それは明らかに老眼の初期症状となるわけですが、おの方式を利用することができれば、近視だけではなく老眼も一緒に矯正することができてしまうのです。
実際には、まだこの術式ははじまったばかりですが、フィルムを入れるというプロセス以外は既存のレーシックの手法とほとんど同じなので、リスクが非常に小さく、また実際に行ってみた患者さんの評判も非常に高いことが大きな特徴となっています。
老眼というこれまで防ぎようのなかった目の衰えが、こうした手法で完全に克服できるようになってくるとすれば、高齢化社会も大きく変わっていくことが予想されます。
実際高齢者でこうした矯正手術で視力を回復された方は、ゴルフの腕前が劇的にあがったり、趣味の世界が広がったりと、これまでのシニアライフとはことなる人生の楽しみ方を手にいれている方が多くなっており、非常に注目されます。
多くのシニアの方が簡単にこうした手術で健常者の目を手にいれることができるようになると、社会全体が大きく変化することは間違いないものとなるでしょう。
また人口減少から今後労働人口の減少も危惧される日本社会は、今まででは考えられないような活力を取り戻すきっかけをつかむことになるかもしれません。
したがってこうした方法がもっと広範に検証されて、一般化、標準化されていくことを切に願いたいと思います。
自分で視力矯正の手術を体験してみて、つくづく思いますのは、視力が回復するト言うこと自体、新しい人生を手に入れたように大きく生活が変わるということです。
ですからこの驚きと喜びをシニアのライフで簡単に実現することができることになれば、本当に多くの人が新しい幸せを手に入れていくことができるようになるのではないでしょうか。
そのぐらい社会的にはインパクトの大きな事柄ではないかと思う今日この頃です。
とにかく、安全で副作用や合併症が少ない、確実な術式により長く効果を維持できるような治療方法が、さらに進化して提供されていくようになることに期待していきたいと思います。
そのぐらい社会にとっては意味の大きい事柄なのです。

コンテンツ

おすすめ