画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術で視力回復

視力の低下を起こす方が増えており、メガネやコンタクトレンズを使用する方が非常に多くいます。
メガネは視界が狭くなりますしメガネをかけることで顔の雰囲気が変わってしまったり、メガネをかえること自体がうっとおしいものです。
コンタクトレンズにはメガネのような欠点はありませんが、コンタクトレンズのメンテナンスを毎日行ったり、新しいものに替えたりしなければならない煩わしさがあります。
そうした問題を解決するのがレーシック手術です。
日本では2000年にエキシマレーザー装置が医療機器承認を受け販売が開始されたことに始まります。
現在でも健康保険が適用されないので、医療機関によって費用にバラツキがあります。
近視などによる視力の低下は角膜の厚みをうまくコントロールできなくなってしまったために焦点を合わせることが出来なくなったことが原因です。
レーシック手術はレーザーを照射して角膜の曲率を変えることで視力の矯正をするものです。
眼の手術となりますが、これを行えばメガネやコンタクトレンズといった視力矯正のための器具が不要になり、裸眼で過ごせるようになりますから、うっとおしいメガネや、煩わしいコンタクトレンズのメンテナンスから解放されることになります。
レーシック手術は、レーザー機器で角膜の表面を薄くスライスしてふた状のフラップを作ります。
それをめくった後に角膜実質層にレーザー照射を行い、角膜の一部分を削ります。
そして、めくってあるフラップを元の状態に戻し自然に吸着させます。
視力は術後直後から1日程度で矯正されます。
また、視力が安定するまでには1週間から1か月程度の時間を要します。
この手術により角膜中央部が薄くなるので角膜の曲率が下がり、凹レンズを用いたのと同じ効果を発揮して近視が矯正されるのです。
レーシック手術が向かない人もいます。
それは近視の症状が進行中の10台の若者や、加齢による老眼が進行中の高年層など、症状が進行中のため手術をしても状態が変わってしまう人たちです。
これらのことのない、症状の安定している成人層に適しています。
また、フラップを剥がして吸着させて時間の経過と共に安全な強度にはなりますが、術前と同じにはならず、強い力が加わることは避けなければなりません。
このため格闘技や球技などのうち顔面に強い衝撃を受けることがある方には、角膜上皮を削って矯正するPPKなどの手法による手術が向いています。
レーシック手術は安全であるといわれていますが、人体に傷を付ける手術であるため合併症や感染症の恐れがあります。
最も多い合併症はドライアイです。
他にも、視力低下やコントラストの低下などの症状が発生することが報告されていますが、経験豊富な医師による手術であれば99パーセント以上の確率で防ぐことができます。
角膜感染症は、手術器具の消毒が不十分なために発生するものですが、日本の一般的な医療機関であれば徹底的な消毒を実施していますから心配する必要はありません。
一般的な手術と同じように、事前に医師から十分な説明を受け、それに納得するとともに、信用できる医師であることを自分自身が確かめた後に手術を受けることに注意をすれば、安全は確保されるでしょう。

コンテンツ

おすすめ