画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

視力端正とレーシック手術

かつて視力端正と言えば、メガネをかけるのが一般的でした。
しかし、メガネをかける事は見た目の印象にも大きな変化がありますし、常に使用していれば鼻にあとが残ってしまう場合もあります。
激しいスポーツをするような方にとっては、危険な場合もあり得ます。
そういった問題を解決し、見た目には裸眼と同じようにしか見えないのがコンタクトレンズを装着する事です。
しかしこれにも目に負担がかかる、日々使用する上で管理が煩わしい、経済的にもあまり安くはないなど悩みは尽きません。
そんな問題を解決するために出来た技術がレーシック手術で視力を回復させる事です。
上手く行けばかつて視力の低下に悩んでいなかった頃と同じように生活できるようになると言う、夢のような手術です。
角膜にレーザーを照射し視力を端正するこの技術は、費用が高い、目の手術なんて怖そう、と初めは抵抗する人間も大勢いたように思います。
しかし、手術例の増加で技術が向上しつつある事や安価な費用で手術できるようになってきた事、様々な有名スポーツ選手や芸能人が実際に手術をして成功している事もあり、この数年間で一般の方の間でも急速に普及して来ました。
知人にレーシック手術経験者がいると言う方や自分自身が手術済みという方も大勢いる事だと思います。
しかしながら、技術が向上しているとは言っても何の後遺症もなく100パーセント成功すると言えるものではないので、注意も必要です。
ただ料金が安いからと言って病院を選ぶような事は危険ですし、逆に他よりも高いから絶対に安全だと言えるようなものでもありません。
確かな技術を持つ先生を探す努力をしなければいけませんし、いくつかの病院を回って見る事も良いかもしれません。
また、中には元々レーシックには向いていない方がいると言う事実も無視してはいけません。
適性が無いにも関わらず、無理しな手術をして取り返しがつかない事になっては、一生後悔する事になる可能性さえあるのです。
ごくまれにではありますが、手術の失敗によって大変つらい思いをする方も中にはいるようです。
まだまだ歴史の浅い技術ではありますから、20歳で手術をしてから数十年後、どのような変化が起こり得るのか完全にはわかっていないと言うのも事実です。
今の研究では将来的にも安全であろうと言われてはいますが、絶対に安全だと言いきれるかどうか、まだ断定は出来ない状態です。
少々レーシック手術の怖い部分にも触れてしまいましたが、それでもほとんどの方は特に後遺症もなく、裸眼での生活を楽しんでいるという点も事実です。
ですが、ただ良い面だけ見て決めてしまうのではなく、リスクについても十分考えた上で決断する必要があるでしょう。
実際、私の知人で手術経験者は何の問題もなく生活しているのであまり心配しすぎるのも良くないのかもしれませんが。
最近ではオルソケラトロジーという特殊なコンタクトレンズを使った一時的な視力回復技術を目にする事も増えてきたように感じます。
私達には視力端正一つとっても、メガネにコンタクトレンズ、レーシックにオルソケラトロジーと様々な選択肢がありますので、どれが本当に自分に適しているのか、それぞれのメリットやデメリットを十分検討してから選択するのが良いでしょう。

コンテンツ

おすすめ