画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの手術方法と体験

レーシックとは、角膜にエキシマレーザーというレーザーの光を当てて、角膜の屈折率を変えて視力を矯正します。
視力が悪く、メガネやコンタクトが必要な人でも、この治療を受けると視力が回復し裸眼で生活できるよになります。
レーシックは90年代アメリカを中心に世界中に広がり、日本では2000年に厚生労働省から認可されその安全性が確認されました。
それ以降視力回復手術として人気が高まってきています。
レーシックの起源はロシアでRKという術式から始まります。
フィヨルド博士が開発した角膜にメスを入れる手術です。
しかし当時は角膜のどの部分にメスを入れると良いかはっきりわかっていなかったため、良好な結果が出ませんでした。
それからレーザーを使った術式が行われるようになりました。
これはPRKと言われています。
人がメスを使って手術するのに比べ、レーザーは精度が高いのでRKの手術は行われなくなり、PRKが主流になりました。
エキシマレーザーは元々細かい物を削る工業用のレーザーで、細かい物を削れるのであれば角膜にも使用できるという事で80年代に使われるようになりました。
PRKは直接目の表面からレーザーを当てるので、痛かったり治りが遅いためあまり普及しませんでした。
その後ギリシャのパリカリスという先生が表面から直接レーザーを当てるのではなく、表面を薄く削ってフラップを作り、それからレーザーを当てる方法を生み出しました。
フラップを元に戻すので表面は元の状態に戻りますし、痛みもほとんどないので、とても人気がでました。
外国の有名なセレブたちがこの手術を受け、視力も回復したので人気はますます高まりました。
手術は短時間で終わりますが、手術後は横になってゆっくり体を休め経過を観察する必要があります。
手術後2・3時間で視力が回復したと実感できる方が多いです。
遅くても翌日までには実感できます。
しかし遠くは見えるけど近くが見えない遠視の状態や、ぼんやり見えたり左右違って見える、など安定しない状態がしばらく続きます。
安定するまでに1週間から1ヶ月ほどかかります。
安定して初めて視力が回復したと言えるでしょう。
クリニックによって様々なタイプの回復手術があります。
それぞれの視力や角膜の薄さなどで、どれにするか決まります。
先日クリニックの中で最高級のレーシックを受けました。
これは目に優しく安全に短時間で受ける事ができるのです。
大切な目ですので、1番リスクの少ない安全な方法で受けたかったからです。
ずっとコンタクトを使用していて、レーシックに憧れていました。
コンタクトはゴミが入ったらとても痛いし、洗浄しなければいけないので面倒です。
それに何よりコストがかかります。
そのような事から決意しました。
最初は不安だらけでしたが、クリニックの口コミや体験談を見て勇気がわきました。
カウンセリングもしっかりしてもらえるので安心できました。
手術中や術後もほとんど痛みはなく、目の前がはっきり見えた時は感動でした。
受けて3年になりますが、今でも1.5の視力を保っています。
夜には少しハロ・グレアが出ますがそれほど気になりません。
メガネもコンタクトも必要なくなりましたので、とても快適な生活を送っています。

コンテンツ

おすすめ