画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

視力矯正器具が不要になるレーシック手術とは

レーシックが普及すると共に、その手術を受ける人も徐々に増えてきています。
手術を受けるメリットとしては、これまでのような視力矯正が不要となるので、メガネやコンタクトレンズを使用しなくても、視力は充分に回復し、クリアな視界が手に入れられると言うことです。
この手術は、角膜屈折矯正手術の中のひとつの術法であり、目の表面の角膜に対して、エキシマレーザーと言う希ガスやハロゲンと言った混合ガスの使用により、レーザー光を発生させる装置を使い、角膜の曲率を変化させ、視力の矯正を行うという方法です。
私自身も視力が低く、メガネやコンタクトレンズ無しでは生活や仕事をする際に支障が出るので、レーシックを受けるかどうかで悩んだことがあります。
しかしながら、実際に手術を受けた人の体験談を聞いたりしているうちに、怖くて手術を受けることは未だしていません。
ここまで手術を躊躇う理由としては、麻酔が部分麻酔となるので、痛みは感じないものの、眼を開けたまま意識のある状態での手術になる為、術中の全てが見えてしまうと言うことでした。
目に器具が刺さったりするところも視界に入ってしまうとのことで、私はとても耐えられないと思い、潔く手術に踏み切れないのでした。
術後は、色々と制限されることがあったり、処方された目薬を差し続けなければならなかったりと、何かと面倒ではあるようですが、そこを乗り越えれば、視力矯正器具なしでの生活が送れるということで、視力が悪い人にとっては、とても魅力的な手術であります。
レーシック手術を受けるには、事前にしておかなければならないことがあり、手術を受けられる条件をクリアしなければならなかったりと、何かと制約が多くなります。
また、レーシック手術には公的保険が適用されないことになっているので、稀に手術給付金が支払われる保険もあるようですが、基本で気には手術費用は全額負担となっています。
手術を受ける際にクリアしなければならない条件としては、一定の基準を満たした角膜の厚さと、眼に何かしらの疾患を抱えていないこと等が挙げられます。
また、10代の若い世代では、近視が進行する為に手術は出来ないとされています。
視力矯正にコンタクトレンズを使用している場合には、手術の3日前くらいから、眼を裸眼状態にしておく必要があります。
手術後には、合併症や感染症を引き起こしたり、ドライアイになりやすかったりと、眼の状態がとてもデリケートになるので、処方される目薬を指示通り点眼したり、検査には定期的に通う必要があります。
レーシックの手術自体は、30分もかからずに完了するので、時間の無い人でも気軽に受けられると言う点でも人気のある視力矯正手術です。
手術にかかる費用としては、クリニックや病院で差があります。
安すぎても心配になりますし、高すぎては支払いが大変になります。
手術費用としては、大体20万円前後が相場と言えるでしょう。
また、実際にクリニックなどへ出向いて、中の様子や清潔感などを自分の目で確認してから手術をする場所を決めると安心です。
また、適応検査を無料で行っているところが多いので、実際に検査を受けてから手術をするか否かを決めるのも良いでしょう。

コンテンツ

おすすめ