画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

0.01以下でもレーシックは受けられる

みなさんはレーシックをご存知でしょうか。
レーシックとは、角膜にレーザーを照射し、中を開け、屈折力を矯正させて視力を回復させる治療法です。
アメリカではこの治療法の病例数は年間約130万人で、とても安全な視力矯正方法として注目を浴びています。
日本でもこのエキシマレーザーの安全性が認められ、近眼や乱視も治療出来るとあって芸能人などの著名人を中心に人気となっています。
今日は二年ほど前に施術を受けた私の体験談をお話ししたいと思います。
私は視力が0.01以下でしたので眼鏡やコンタクトが手放せない生活でした。
コンタクトも最近は良いものが出てきて、ケアの必要ないものもありますが、どうしても朝起きた時や寝る前は外さなくてはいけませんので不便でした。
一番不便に感じるのが、スポーツクラブのプールです。
もちろん、ゴーグルはするのでコンタクトをしたままでも泳げるのですが、クラブの方針として、やはりコンタクトは外してほしいというここと、ゴーグルをつけたり外したりする時にコンタクトがずれそうになったこともあったのです。
他にも花粉の時期など、コンタクトがなかなか出来なくて、会社に眼鏡で行ったこともあります。
そういう時に限ってお客様がいらっしゃったりすると、次に会う時にはあの人は誰となってしますのです。
また、旅行に出かけるときも、眼鏡やコンタクトのケア用品を持ち歩くのは煩わしいと思っていました。
レーシックをすると、裸眼で何でも出来るのでとても快適です。
もう高いコンタクトを購入する必要もないのがうれしいですね。
正直もっと早くやれば良かったと思っています。
レーシックの施術を受けるにはまずは検査からです。
検査の予約はインターネットで簡単に出来ました。
私の場合とても優しそうなお医者様が検査とカウンセリングを行ってくださいました。
施術もその先生が担当なさるとのことで、安心して待つことが出来たと思います。
ちなみに検査も施術も3日前からコンタクトレンズは使用禁止です。
手術当日に病院へ向かい、もう一度検査をしました。
特に問題はなかったので、すぐに施術してもらいました。
点眼麻酔でぼんやり見える程度になっていますので、痛くもないし、怖くもありませんでしたよ。
施術時間は30分程度ですぐ終わります。
休んでいる間は心配でしたがコンタクトをしているみたいに見えてびっくりをしました。
手術後は安定していないので保護眼鏡をかけ、帰宅しました。
後は目薬をさすくらいで特に心配もなく、翌日、一週間後、三ヶ月後に検査があって終了です。
私の場合、視力が0.01以下でしたので、手術は少しお値段の高い施術になりましたが、友人の紹介で行ったのでかなり割引がありました。
こういう割引制度があるところも多いので、みなさんが施術を受けられるときには周りに紹介してくれる人がいないか、探した方がいいかもしれませんね。
また、遠方からいらっしゃる方のために交通費の補助があるところもあります。
レーシックをして一年以上経ちますが、良いことはあっても特に困ったことはありません。
私も友人に勧めているところです。
よく調べてお安くて良い先生に巡り会えるといいですね。

コンテンツ

おすすめ