画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックが片目10万円以内で受けられるのを知っていますか

近年になって芸能人やスポーツ選手がレーシックの手術を受けるといったニュースを新聞や雑誌、テレビなどで目にすることが多くなりました。
その影響で一般の人もレーシックの手術を受ける人は年々増加傾向です。
以前ですと手術代は高く、片目で20万円から50万円はかかりました。
またクリニックによって値段の設定は大きく違っていたので、興味があっても敷居の高い手術でした。
レーッシクが厚生労働省に認可された10年以上昔に値段を見て手術をすることを諦めてた人もいるでしょう。
そんな方に朗報です。
最近では、手術の技術の進歩に伴い価格は以前よりずっと安くなっているのです。
なんと片目10万円以内でうけるクリニックが増えています。
この価格ならお金を気にすることもなく気軽に受けることができます。
近年のレーシック人気で手術を受ける人が増え、需要が高まるとクリニックの手術代が安くなるという訳です。
安くなった今が手術を受ける絶好のチャンスでしょう。
視力を回復させたいけれど、レーシックがどういう手術なのか不安になる方のために簡単に説明します。
一言で言えば、角膜屈折矯正手術のことです。
角膜にレーザー光を当てて角膜を薄く削り屈折率を変えて目のピントが合うように矯正します。
角膜には表面に角膜上皮があるので切り込みをいれ一部をめくります。
角膜の中は実質層と呼ばれる層がありコラーゲンやたんぱく質でできています。
この層にエキシマレーザーを当てて僅かに削り角膜の屈折率を変えて視力の矯正をします。
その後めくっておいた角膜上皮をもとの位置に戻して施術は終わります。
たったこれだけです。
施術になれた熟練の医師なら2時間程度で終わらせる場合もあります。
検査を含めても日帰りで受けられる手術なのです。
手術時間は短いですが終わった直後は念のため安静をとるのが通常です。
しばらく病院で横になった状態で体を休めます。
経過を観察して異常がなければ帰宅できます。
1ヶ月間は定期健診を受けるように言われるでしょう。
かならずその間は病院に通うようにしてください。
視力はすぐに見えるようになりますが、完全に矯正され視力が安定するには1ヶ月かかります。
それまでは医師に指示に従いましょう。
安定するまでは遠視のような感じに見えたりします。
遠くがはっきり見えるわりに近くがぼやけてしまう状態です。
左右で見え方に違いがある場合もあります。
しかし、心配するものではなく一過性で目が回復するにつれて見え方が安定していきますので病院に検診に通いながら視力がはっきりとしてくるのを待ちましょう。
ほとんどの人が視力を1.0以上にすることができます。
メガネやコンタクトに頼らずにクリアな視界に生まれ変わります。
近視で悩んでいるなら手術を受けてみる価値はあります。
レーシックを受けるならたいていの人が両眼ともに施術を受けるでしょう。
値段が高いとローンを組むことを検討できますし、クリニックによっては金利が安くなっていたり、まったく金利がかからなかったりするので受診の折に相談してみてはいかがですか。
価格が片目10万円以下のお得なクリニックのなかにはさらに割引制度があることもあるのでしっかり利用しましょう。

コンテンツ

おすすめ