画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックをしたあとの1週間

視力が悪く、メガネやコンタクトレンズを着けて何かと作業を行なうことに、肩がこったり目が疲れたりして、裸眼で作業をすることが出来ればどれほど楽なことかと感じたりするものです。
ずっと小学生の頃からメガネの生活を続けておりまして、その生活がもう当たり前のように馴染んでおりましたが、それでも肩はこりやすくなりますし、目が疲れやすくなりますし、最近は軽いメガネが販売されているとはいえ、意外とメガネをかけている耳も痛く感じることがあったりするのです。
そのような人のために、レーシックという言葉は、最近よく耳にする名前となっておりまして、実際に手術を受けている人は増えております。
レーシックをして視力が良くなりますと、メガネやコンタクトレンズをしていたのがまるでウソのように楽になり、開放的で気持ちが良いものです。
ただ、レーシックを受けた1週間ほどは、目を大事にしなければいけないため、保護メガネをかけて過ごします。
その間がなかなか辛いものです。
目にゴミが入ってもいけませんし、虫も入ってくる可能性もあります。
そしてかゆいからと言って目をこすってはいけません。
お風呂に入るのもシャワーで水がめに入ることを避けなければいけませんし、シャンプーやリンスも目に入っては大変です。
手術をしていなくても、普通に髪の毛を洗っているときに目にシャンプーやリンスが入ってしまいますと、目に悪いですから、水で目を洗うほどなのですから、傷をつけてはいけないように保護しなければいけない目に、シャンプーやリンスが入ってしまったら大変です。
なので、ちょっと嫌かもしれませんが、1週間は髪の毛を洗うことを避けるべきなのです。
そして女性は化粧も避けなければなりません。
化粧の粉は目に入ってはいけないためです。
女性にとって化粧が出来ないのは恥ずかしく感じられますし肌が悪くなってしまっておりましたら、スッピンで出歩くのは、なかなか勇気がいるものです。
ですが短い期間中での我慢でありますから、その間は我慢しなければならなくても、その後は開放的な世界が待っているのです。
そのことを考えながら、目を大事にするために耐えていくべきです。
ただ、レーシックでも人によりけりでして、目が大きい人は白眼が充血して赤くなることもあるようです。
なので周囲からは見られますと、もしかしたら手術が失敗してしまったのではないかと思われてしまうかもしれませんが、そこは気にしないでおきましょう。
そして、あまりに目が細すぎる人の場合は、一針分3ミリメートル程度切開する必要があるそうです。
切開されますと、レーシックのあとは切開部を縫われますので、1週間ほど目じりが引きつるらしいですが、回復するまでの期間ですので、そこは視力が良くなるためにも耐えなければいけません。
その後は、もちろん目を大事に扱わなければいけないのでしょうが、視力が回復しますと、本当に視力が保ってくれていて、自然と裸眼で過ごすことができるようになれるのです。
メガネをかけておりますと、最近はレンズが軽くなっているとはいえ、やはり耳にかけている負担はかかるもので、疲れやすくなります。
そのためにも裸眼で生活が出来るのは、本当に楽なのです。

コンテンツ

おすすめ