画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

1年後のレーシック検査

私がレーシックを受けてから5年が経過しますが、手術が終わってから始めの検査はかなりドキドキで不安が大きかったです。
レーシック手術からちょうど1年後の検査だったのですが、日頃しっかりと目の安全を確保していながらもプール等へ行ったり、パソコンの仕事等も多かったのでとても不安な検査になりました。
眼圧を検査したり視力を検査して実際にレーシックでの効果が持続されているかどうかという検査と眼球表面で細菌が繁殖していないかどうかのチェックもありました。
角膜にレーザーで切り込みを入れて眼鏡などのレンズの代わりにして視力を矯正していくのがレーシックの特徴なのでそれによる副作用がないかどうかを確認するためのものでした。
私が手術を受ける前にそういった副作用に関してしっかりと説明があったので逆に不安にもなりました。
結局は全く異常はなかったのですが細菌感染などがあるとそれだけ薬を塗ったり再手術の可能性も出てきて最悪視力を失ってしまう事もあるので手術後の安静は絶対であると言われていました。
私はしっかりとその言いつけを守って生活していましたが、お医者さん曰くお風呂などでもかなり初期には危険が多いようで注意が必要であると言われていました。
手術から一週間後の検査もありましたが、それでもある程度の長さが開くようになってくると角膜にあった傷もある程度回復し表面に薄い膜ができて視力の回復も効果的に副作用が発生する機会も減っていきます。
その安全が確保できるまではお医者さんに検査をしてもらってしっかりとその回復を進めて行く必要があります。
私はかなりデリケートにその回復を行ったので少し自信はありましたが、視力を失うかもしれないという可能性はやはり怖いです。
それでも普段は者が良く見えるようになり、仕事をするときにも様々なメリットがあり、眼鏡を外したのでバイクに乗る時でもとても楽です。
また、生活においては恋人との夜の営みもかなり落ち着いてできるようになり、眼鏡があると面倒で会ったこともしっかりと眼鏡がなくても見えるので色々としやすくなりました。
そして料理をする際にも細かいものまで見えるようになり、眼鏡では気付かなかった野菜の網目等も見えるようになってそれまでとは全く異なる世界を見ているようでした。
非常におもしろく明るくなった世界を楽しむことができました。
レーシック手術の後に気をつけることには他にもお酒を飲まないことやたばこなどの事もありましたが、私の場合たばこは吸いませんが、お酒は飲むので検査の前日付近はお酒も控えて検査に備えて目を万全の状態にしていきました。
ある程度視力の慣れがあると無茶をして余計なものを見ようとしてしまう事もあるそうで、私も少し気をつけて生活するようにしていました。
おかげで何の問題も無いですが、人によってはお酒の飲み過ぎで眼球表面に血豆のようなものができてしまう事もあり、一応は血液が通っている目の表面を切って弱くなっている時には気をつけた方がよいと言われていました血液がにじみ出てしまうくらいならあ良いですが、それによって視力を失ってしまうと考えるとお酒だけは絶対に飲めないと感じ我慢をしていました。

コンテンツ

おすすめ