画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術における2回目の手術に関して

裸眼視力では日常生活に支障を来す為、レーシック手術による視力矯正を行いました。
レーシック手術を行う際にはまず眼科医が実施している説明会に参加する必要があります。
説明会への参加は医師やスタッフの質を見極める事が出来ます。
説明会は比較的和やかな雰囲気に終始していました。
目に関する事前検査を行った上でレーシック手術に適用している状態かを医師が判断します。
手術は目の角膜へレーザーを照射します。
角膜へのレーザー照射量は手術前の裸眼視力に左右されます。
裸眼視力が低い為、2回目のレーシックの手術は恐らく難しい、と伝えられましたが、一度の手術によって恐らく裸眼視力が矯正される為、手術に踏み切る事にしました。
手術時には目薬による麻酔をかけます。
家族は別室で手術中のモニターを見ながら待機です。
目薬による麻酔が効果を発揮する頃から手術は始まります。
手術時にはレーザーの点を見つめる様に、と医師から指示があります。
レーザーの点は裸眼視力が低い為、若干見えづらい事があります。
見えづらい場合には医師へ伝える事が必要です。
手術自体は短時間で終わります。
入院が不要である為いわゆる日帰り手術です。
手術の終了後は医療施設内でしばらく目を休ませます。
特に問題が無い場合には帰宅します。
ちなみに手術直後に車の運転は不可です。
麻酔が切れた後の為に痛み止めが処方されます。
又、手術後の目にダメージを与えない様に保護用のゴーグルを貸し出されます。
手術の翌日は定期検診です。
目の状態を確認します。
裸眼視力がアップしている為、視力矯正器具を必要としない視野の明るさに驚きます。
視力は手術後に若干変動する為、落ち着くまでは視力検査時に一喜一憂する事があります。
光を眩しく感じる事があります。
手術後には手術直後と一週間後と一ヶ月後に定期検査があります。
目に関する違和感がある場合には速やかに伝える事が望ましいです。
定期検査の日以外であっても対応する事が出来ますが、基本的に予約制である為、急を要する場合であっても事前に連絡を入れる事によってスムーズに診察まで進む事が出来ます。
定期検査時に問題が無い場合には最後の定期検診時に目に関するデータを受け取る事が出来ます。
契約している保険によっては給付金の支払い対象になる為、並行して給付金請求手続きを取る事が出来ます。
保険の内容は保険会社によってさまざまである為、保険証券を手元に置いた上で保険会社に確認する事が望ましいです。
給付金支払い対象であった為、必要な書類及び手続きの方法に関して保険会社から説明を受けます。
診断書が必要となる為、医療機関にて診断書の発行手続きを行います。
提出書類に問題がなければ給付金の支払いが行われます。
手術後、日数を経過した場合でも請求を行う事が出来る場合もあいますが、出来る限りスピーディに手続きを行う事が望ましいです。
2回目の手術が容易ではない為に出来る限り目を大切にする気持ちが芽生えています。
意識的に目を休ませる事によって目を大切に扱っています。
ちなみに信頼の出来る医師の手術を受ける事によって目に関する不安や疑問などが生じた場合に気軽に伝える事が出来ます。

コンテンツ

おすすめ