画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの3ヶ月検診と定期健診

私は長年の乱視の問題を手術により改善するために、レーシックの手術を受ける事を決めました。
私の場合は検査の結果、乱視は微弱の状態で角膜も平均的な厚みであったために、手術を受ける事は可能でしたが、両目とも近視が強い状態であった為に、希望していた術式での手術を受ける事が出来ませんでした。
私は大切な目の手術は最新の医療機械でやりたいと思っていたため、最新の術式で手術を受けるつもりでしたが、近視がとても強い事をドクターから伝えられ、より一般的な術式を選択する事になりました。
私にとって従来の術式は印象が悪く、手術を迷っていましたが、インターネット上の体験談やブログをみると、多くの強度の近視の方が従来の術式で手術を受け成功している事を知り、この術式での手術を決意しました。
そして、手術は無事成功し、手術終了後から視力が良くなったという実感がありました。
私の場合は手術後の痛みも全く感じる事は無く、後遺症などの問題も発症する事が無く、非常に快適な裸眼での生活がスタートしました。
私がレーシックを受けた目的は乱視を矯正して裸眼生活がしたいという理由であったために、当初の目的は達成されました。
そして、レーシックの手術を受けた後は、この視力を維持する為に定期健診が必要になります。
特に、一週間目の検査と3ヶ月検診は重要な検査です。
ここではレーシックの定期健診についてお話致します。
先ず最初に、手術後1週間たった時には検査が必要になります。
私は手術を土曜日に受けたので、本来なら翌週の土曜日に検診を受けなければならなかったのですが、用事があったので月曜日に検診を受けました。
この時には目の調子は良かったのですが、少々目に違和感がありました。
そして、処方してもらった目薬も濁っていたために心配になりました。
目薬が濁っている状態は衛生上良くないと思い、細菌への感染なども心配していたために、このような点も定期健診でドクターに尋ねる必要があると思いました。
このような術後のアフターケアの質問や、視覚の変化に気がついた時にも定期健診は重要な役割を担っています。
定期的にドクターに会い、このような問題を相談して早期に解決する事は、手術後に視力を良好な状態に維持する事に役立ちます。
この定期健診は安全の為に必要なものですが、手術を受けた医療施設や手術後の状態によって異なり、一般的には6回程度の定期健診が行われる事になります。
この定期健診の間隔としては、手術の翌日、1週間後の検診、1ヵ月検診、3ヶ月検診、6ヶ月検診、1年検診などです。
これらの定期健診は手術を受けたクリニックで行う必要はなく、最寄の眼科でも受けられます。
手術を受けたクリニックが遠方である場合は、最寄の眼科を利用した方が都合がよい場合もあります。
このような場合は手術を受けたクリニックで最寄の眼科を紹介してもらえることもあるので、手術を受ける前にドクターに相談してみる事が大切です。
私は手術を受けたクリニックが会社からアクセスするのに不便な為、ドクターから最寄の眼科を紹介してもらい定期健診を受けています。
このようにレーシックの手術後の定期検診には、このような特徴があります。

コンテンツ

おすすめ