画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

大学3年生の時にレーシック手術を受けた話

僕は大学生の時にレーシック手術の経験があるのでここに書かして頂きます。
大学3年生になってから暫く経って、自由な時間が増えたためかビデオゲームをプレイする機会が多くなり急激に視力が下がってしまって、視力を矯正する必要が出来てしまいました。
自分はメガネは掛けたくなかったのでコンタクトレンズを着用したのですが、予想以上に目に違和感を覚えてとても長時間付けて要られませんでした。
多分僕には合わなかったんだと思います。
それでもいつもメガネをかけるのは嫌だしと考えていた時レーシック手術のことを思い出しました。
それまで視力に問題のない生活だったのであまり関心は無くてかなりうろ覚えだったのですが、確かこの手術ならば裸眼で生活出来るようになるはずだ、と色々ネットで調べたところ「人間の角膜をレーザーで削って形を変えて光の屈折を正す」みたいな手術であると勝手に自分の中で理解しました。
でも手術の原理を知るとちょっと怖そうだなと思いました。
角膜を削るという箇所が手術を受けたい当事者になるとショッキングに聞こえました。
現に手術ミスや成功したと思ってたら、日常生活でふと変な見え方をすることもあるという情報も見つけたので色々悩みましたが、この情報がどこまで本当なのか確かめるためにも医者に相談してみようと眼科に相談しに行きました。
先生に色々事情を話して質問をした結果、ミスも起こったりすることも事実だし、手術の原理上通常とは違う映り方をすることも事実なので手術を受ける人は手術前に医者から今からする手術の概要や危険性などをしっかり説明するようになっているんだよと教えて貰えました。
この時点で結構ビビってて手術を受ける判断は下せなかったのでお礼を言ってその日は帰ることになりました。
しかし決断を先延ばしにしていても何らかの視力矯正の必要はいずれ必要になるし、今はたまたまバイトの給料の一部を貯金に回していて手術費の予算に充てられるけど今後いつでも手術が受けれるとも限らないと考えたので、ある種勢いで手術を受ける決断をしました。
その後手術が出来るかどうかの検査をクリアし、前に先生に教わった手順で説明とそれを理解した上で合意しました。
それから手術日の予定が立ち、手術後のお風呂について等、各種注意事項を聞いて手術日まで待ちました。
手術までの間の毎日は常にドキドキしていて、ドキドキの他に更に不安もあってそれを紛らわすためにしょっちゅう散歩に出かけて気持ちを落ち着かせるようなことをして過ごしました。
そして手術を迎えて、本当に僅かな時間で手術が完了したので、手術をしている最中の方がだいぶ心が冷静だったなと今になって思います。
終わった直後から手術前より見えるようになっていましたが先生からは、まだ少し状態が安定していないから痛みがあったりするかも知れないが、日が経てば痛みは失くなるしもう少し視力が良くなる人もいる、と教えて頂けたので、最終的にどれくらい見えるようになるのか楽しみになりました。
事実、先生の言葉通り2週間くらい経ってからの検査で左右の目が2.0くらいになっていてビックリ。
まさかこんなに見えるようになるとは、と非常に嬉しかったです。
現在も時々経過を見つつ通院はしていますが、非常に快適な暮らしを送れています。
自分はああ、やっぱりやって良かったと思っています。

コンテンツ

おすすめ