画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術は50歳以上でも出来るのか

みなさんはレーシック手術を若い方の近視矯正手術だと思っていませんか。
もちろん、基本的にはそうなのですが、最近は老眼や遠視など色々な症状に合わせた手術が出来るようになっています。
例えば、50歳以上で老眼も気になる方の場合レーシック手術をすれば、遠近両用メガネがもう必要ありません。
ちょっと薄暗いところで数字を見たりするのがつらいことはありませんか。
そういう症状も手術で回復できるのです。
私の場合、仕事がスーパーのレジ係ですので、お客様とのやり取りでクーポン券などを渡されたりすると、もう有効期限が読めなかったりして失敗をしていました。
特に夕方など疲れてくると見えにくいんですよね。
しかし老眼鏡をかけたままでは私は近眼もありますので仕事がやりにくいのです。
困っていたら、友人がでも50歳以上でもレーシックが出来て老眼も治るんだと教えてくれました。
調べてみましたら、老眼の治療では片目に小さなレンズかリングを入れて老眼を治療し、もう片方の目は近視を治療するようです。
そんな左右が違っていたら大変なんじゃないかと思いましたが、芸能人の方も続々手術を受けられているようですし、説明会で話を聞くのも悪くないんじゃないかと思い、話を聞きにいきました。
説明会では50歳以上どころか、60歳以上の方も結構いらしていました。
手術の詳しい説明と使用する機器の説明もあり、すでに手術を受けられた方の話を聞く機会もありました。
左右の見え方が違うとどんな感じなのかがとても気になっていましたから質問してみたのですが、普段両目で見るのでまったく気にならないとのことです。
とても不思議でしたが、先生の大丈夫との後押しもあり、手術することを決めました。
実際の手術の前には事前検査があり、これで角膜が薄かったりすると手術を受けることが出来ないそうです。
私は標準的で健康でしたので同意書にサインをしました。
同意書はどの手術でもそうですが、もしものことを考えてちょっと怖いことが書いてありますよね。
でもほとんどの方が成功しているとのことで安心してサインできました。
手術じたいは普通のレーシックとほとんどかわりません。
目薬の麻酔をさしてもらったら、後はほとんど機械がやってくれます。
事前検査で調べた私の情報が入力されていますので正確です。
手術中もお医者様やスタッフが傍らについて声かけもして下さったので安心して受けることが出来たと思います。
私の場合は左目に老眼矯正用のリングが入っていますが、今自分で見てもまったく右目と変わりありません。
右目だけで見たり、左目だけで見ると視力や見えるところに違いはあるのですが、普段両目で見ている分にはまったく幼い頃と同じように遠くも近くもはっきり見えるのです。
新聞を読みながらテレビをぱっと見たときもくっきり見えているのは感動です。
最近のテレビは字幕のように文字が出ることも多いですが、以前はメガネをかけていてもその文字が追えなかったのに、今では何の苦労もなくはっきり見えるのです。
何となく、頭の中もはっきりしたような気がします。
五感がはっきりしていないと人間ははつらつと出来ないのだなとよくわかりました。
今ではテニスも楽しく出来ています。

コンテンツ

おすすめ