画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術を受けてから50年後の状態について

現在、多くの有名人を初め、様々な方に利用されている新しい治療技術の一つが、レーシックです。
これは、一般的に皆さんが想像されている視力矯正手術の一つであり、この手術を実際に受ける事によって、以前までは改善の手法が確立されていなかった視力という難しい要素についても、素早く格段の良好な結果を手に入れる事が出来ると言う点が評価されている、現在では様々な雑誌やメディア、広告等でこれらの情報が紹介されており、多くの方に実際に治療が利用されています。
以前までは、あまり多くなかった治療環境も、現在では、その高い人気とニーズを反映してか、ほぼ身近な環境に必ず1つは、このレーシックと呼ばれる手術法を実践している眼科や専門のクリニックが存在していると言われています。
このレーシックとよばれる手術を受けることによって、眼鏡やコンタクトレンズなどに頼らざるを得なかった低視力を、1.5や、場合によっては2.0という、非常に高い水準にまで、他の道具に依存することなく高めることが出来るようになっています。
また、以前までは、この手術を受ける際には、約1日から1週間程度の入院期間がjひつようとなる場合が大半だったのですが、現在では、技術水準の向上はもちろんのこと、医療機器の性能向上が図られたことによって、ほぼ全ての患者さんが、日帰りで帰宅することのできるようになった点も、この手術の高い人気の背景となっています。
ですから、事前に術前検査を受けておくことによって、手術当日、予約時間前に来院し、そのまま手術を受けた後、自宅に帰宅することができるのです。
この手軽さが、非常に多くの方に支持されています。
また、レーシック手術の大きな点が、アフターメンテナンスです。
視力に関する手術だけでは無く、例えば美容外科などの手術の場合、アフターメンテナンスが従来までは必要とされてきましたし、実際にアフターメンテナンスを受ける事を前提に手術が行われている背景がありました。
もっとも、このレーシックという手術法が確立され、現在のように高い水準までに技術と医療機器のレベルが高められたことによって、例えば、術後、50年後という非常に長い時間を経た後でも、基本的には原則として、アフターメンテナンスを受ける必要が無いというメリットが有ります。
もちろん、その間に、例えば視力が低下してしまった場合や、なんらかの症状が現れた場合には、検査を受ける必要があります。
ただ、大半の患者さんの場合、この手術を受けてから後、それらの検査が必要となる症状がほとんど現れないと言われています。
ですから、長い目で見た場合でも、1度の手術を受けることによって、10年どころか、50年後という非常に長い時間に渡って、手術の恩恵やメリットを享受することが出来るという訳です。
現在、主流の医療機関や眼科、専門のクリニックで実践されているこの手術の大半が、事前の手術の説明の際にも、このように、長い期間にわたってアフターメンテナンスなどがほぼ必要ない形で良好な視力を保つことができると言う点が説明時に案内されており、実際に手術を受ける方の大半が、長く持続させることのできる治療効果を得るため、実際に手術へと踏み切っています。

コンテンツ

おすすめ