画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術の5年後に視力低下が起こるのは技術不足のためではないというと

視力が下がってしまった後に何とかして明確な視野で過ごしたいということから視力矯正を行い、まずは一般的に行なわれている眼鏡による矯正を行なう人が大半です。
実際、自動車を運転する時に視力強制手段として認められているのは眼鏡使用などという表記からも分かるように眼鏡使用が一般的だからです。
でも実際に眼鏡をかけて生活していると、特に運動を激しく行ないたい時などに眼鏡の不便さを知ることになります。
少し汗をかいたときには弦や耳掛け部分が滑ってしまって視野がいつもと変わってしまったりするからです。
それと、お風呂場での曇りや寒いところから暖かいところに出たときの曇りがかなりひどくて一瞬視界がゼロになる不便は想像を絶するものでした。
ではコンタクトならば眼球に密着しているかと思って試してみると、確かに曇りはしないのですがちょっとしたショックで外れてしまって地面に落ちてしまい、それを知らずに踏んづけて割ってしまうことが数回ありました。
それと、夜寝る前には必ずはずして洗浄しなくてはならなくて、仕事から帰ってきて練る時に疲れ果てているのでついつい忘れて着けたまま寝てしまうこともありました。
手間がかかりすぎるのです。
そこで眼鏡のような不便さもなく、しかも裸眼で過ごせて視力も向上した状態が維持できるといいこと尽くめなレーシック手術を受けてみて過ごしてみました。
手術自体は余り時間がかからずに終り、レーザーで角膜の形を整えるということだけだからとても安心して手術を受けることができたのです。
衛生的な観点から手術環境が良くないとされた眼科クリニックが摘発されていたころに手術を受けたので、眼科クリニック側では細心の注意を払って機材を整備していたらしく、良い状態の機材で手術をしてもらうことができました。
アフターケアもしっかりとしてもらい、点眼薬が必要にならなくなった後には視力は1.5を維持していてそれまでの視力が0.1ほどだったことから考えると別世界のような鮮やかな視野を得ることができたのです。
レーシック手術を受けてから5年後になって、1.5をキープしていた状態から少し視力低下が起きました。
ずっと1.5をキープしてきていたからいざ5年後の視力低下が起こったときには少しショックでしたが、眼科クリニックの執刀医から術後の予想経過に関してレクチャーを受けていたので取り乱すことはありませんでした。
その執刀医いわく、視力が低下した原因は今の医学でも不明であるためレーシック手術で視力を回復したとしても視力低下の原因はまだ解消されていないことになるから、5年後もしくはその後においても視力低下が起こることは充分にありうるとのことでした。
つまり、レーシック手術は回復させた視力を維持することができる手術ではなくあくまでも現在の視力を角膜の厚さ調整で向上させることができる手術であるだけですから、5年後に視力低下したとしてもそれはレーシック手術の技術不足ということを意味しないわけです。
技術不足で視力が低下したというわけではなく、手術後においても視力が低下する何らかの原因で低下が現実となっただけなので、体験した者からすると手術に踏み切るにあたって、設備の状態がしっかりした眼科クリニックならば不安がることは全くないと断言できます。

コンテンツ

おすすめ