画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックとprkの違いについて

1年前にレーシックの手術を受けましたが、そのときにprk手術というものがあり、これがどう違いがあるのかを知ることができました。
私は激しいスポーツをしないので、この方法は選択しませんでしたが、様々なメリットがあるのは事実のようです。
prkは新しい手術手法が登場するまでは、視力矯正でよく使われていた手術方法です。
この手術方法は、他の視力矯正手術と違ってフラップを作らないのが特徴といわれています。
角膜実質層にエキシマレーザーを照射して、視力を向上させるので、角膜の表面にある角膜上皮層とボーマン膜は取り除くことになります。
このレーザーを照射するprkは、眼に局部麻酔をしてから、すぐレーザーによって角膜上皮層とボーマン膜を取り除いていきます。
この角膜上皮層は痛みを感じる部分ですので、完全に再生されるまでには、痛みが残ります。
特に手術から1週間にかけては、ほかの手術方法に比べて痛みが強いようです。
またレーシックのように手術後すぐに眼が見える状態にはならないのが特徴で、1週間以上の時間がかかるとのことです。
prkのレーシックと異なる大きなメリットとしては、角膜の薄い方や、強度の近視の方でも手術が可能であるということです。
これはフラップを作らないため、角膜の形を矯正できる余裕が大きくなるからといわれています。
またフラップを作らないことから、このフラップのずれやはがれといったトラブルがなく、確実に回復していくことができるのも大きなメリットとなっています。
さらに、手術で取り除かれた角膜上皮層が、新しく再生することで、角膜全体が一体になり、外からの衝撃に対してもかなりの抵抗があるのも特徴となっています。
レーシック手術によるフラップは、手術後角膜にしっかりと固定されることになりますが、完全に一体化するわけではないため、術後の体の動き次第では衝撃に弱くずれてしまうこともあるため、とにかく安定化するまでは安静にしている必要があるといわれています。
一方、この方法にはメリットだけではなく、デメリットも残されています。
手術後角膜が完全に再生されるまでにはかなりの痛みが伴うことになり、麻酔がとれてからは、とにかく我慢を強いられる1週間程度を過ごすことが求められます。
また、視力が日常生活に支障のないレベルまで戻るのに1週間ほどかかりますので、その間は仕事をすることができないといったデメリットもあります。
視力の安定までには、さらに1ヶ月から数ヶ月かかることもありますので、それなりに覚悟して手術を受ける必要があるということになります。
また、この手術ではハロ、グレア、ドライアイなどの症状が術後にでることも確認されていますので、合併症が解消するまでに一定の時間が必要になってきます。
このprk手術は両目いっぺんに手術してしまいますと普通の生活ができなくなってしまいますので片目づつ行っていくことになり、両目の完治にはかなり時間がかかるところもデメリットとなります。
しかしラグビーや格闘技など激しいスポーツをやられる方には非常に向いている方法ということができます。
レーシックと比べてもいくつかの違いがありますが、双方ともにメリット、デメリットを抱えていますので、その違いをよく理解した上でどちらを選択するのがいいのか考えるべきであろうと思います。

コンテンツ

おすすめ