画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

現代人に広がっているvdt症候群に悩む人達はレーシック手術の検討を

最近視界がぼやけていませんか。
会社に勤めている方は長時間のオフィスワークで眼に負担を感じている人も多いでしょう。
子どもでも大都市圏では外で走り回って遊べるような場所が減少していますから必然的に家の中でテレビゲームや映画を見ることを習慣的にしている子どもがたくさんいます。
お父さんやお母さんも休日は家でそうしたことをしているかもしれませんね。
でも何気なくしているその習慣には少し注意を向けたほうがいいかもしれません。
現代はデジタル社会になっていますからパソコンのモニターなどの発光する表示機器、発光ディスプレイを見る機会が極めて多くなっています。
その影響でドライアイ、眼の充血、視力低下などの症状はたくさんの現代人にみられ年々増加しているようです。
こういう発光ディスプレイを見る作業を長時間継続したことで起きる症状の病気をvdt症候群と呼びます。
vdt症候群の「vdt」とは「Visual Display Terminal」の略でモニター等の発光表示機器のことを指していて、その「vdt」を見ながら行うパソコン操作などの作業を「vdt作業」といいます。
vdt症候群の症状には目に起こる症状だけではなく、vdt作業による肩こり、首のこり、腰のこり、痛みなど体に起こる症状や他にも暗室でvdt作業をする場合、ディスプレイの発光による光の刺激が普通よりも強く感じる関係で心理面に悪影響を及ぼし、食欲減退や鬱病などの心に起こる症状も含まれています。
ただ一番多いのはやはり目の症状で、先進国の平均視力低下は深刻化の一途を辿っていると言われます。
視力が下がるって単に物が少しぼやけるだけでしょ。
と考えている方もたまにおられるようですが、視力低下の影響は思わぬところに現れています。
例えば脳への影響。
繁華街などの街を歩けば数多くの店の看板がありますが、健康的な視力を持つ人はそれらの看板の文字を読むことができるでしょう。
視界の端に看板の文字が映れば「お、なんだろう」と関心を向けることができ「カラオケの看板か」と確認ができますが、看板の文字が読めないくらい視力が低下している人は何が書いてあるか分からないわけですから、視界に映るものの自分が認識できる範囲でしか関心を示さなくなっていきます。
視力が低下すると得られる外界の視覚情報に制限がかかってしまい、飛び込んでくる情報への脳内のリアクションが減少するので脳の活動が鈍りやすい状態だと言われています。
ボケやすい状態とも言えるので視力を回復させた方が脳の健康にとっても良いです。
最近ではレーシック手術の品質が上がってきたため今までレーシック手術に対して不安だった人も受けやすい状況になってきています。
日本全国の街でレーシック手術を行える病院も増え続けていることからもそれが証明されています。
視力は日常生活でも大変重要ですがスポーツの世界でも、特に一流アスリートの世界では選手生命を握っている部分です。
レーシック手術は何人もの一流アスリートの選手生命を救って来ました。
視力低下で悩んでいる人は実績と信頼を得ているレーシック手術で日常生活を快適にし、あなたの脳を若々しく健康に保ちましょう。

コンテンツ

おすすめ