画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

アレルギーを持っていてもレーシック手術を受けることができました。

レーシック手術を受ける時に、どうしても躊躇してしまうことの一つとしてアレルギーという項目が上げられます。
これまでコンタクトをしていたが為に炎症を起こしてしまったり、アレルギー症状が出てしまったりして苦労された方も非常に多いでしょうが、そんな方だからこそ気になるレーシック手術の内容、そして裸眼で過ごしたいという希望が出てくるものだと思います。
私もそんなコンタクトレンズによって悩まされ、随分長い間メガネで我慢をしてきたものの、どうしても裸眼で過ごしたい、メガネ無しで過ごしたいと考えていた一人です。
そんな私がダメ元でレーシック手術の適応検査を受け、手術にまで成功したのでその一例をお話しようと思いますから、同じような気持ちで日々過ごしている方々にとって、レーシック手術を受ける勇気を与えられたら嬉しいと思っています。
上記でもお話していた通り、私は眼が元々から健康なわけではなく、アレルギーの症状を持っているため、クリニックの扉を叩くのにはものすごく勇気が必要でした。
もしダメだと言われたら、ずっとメガネで生活をしていくしかないと思うと、女性の私としては非常に悲しくなるからです。
しかしそんな私をクリニックの先生方は優しく出迎えてくださり、とりあえずは適正検査を行いましょうということになりました。
私の選んだクリニックでは、適正検査は無料で行なっているので安心してくださいとのことで、適性検査を行った時に先生にはきちんと、コンタクトレンズをしていた時期があり、アレルギーの発症があったことを説明し、自分が不安に思っている点についても聞いてみました。
すると、アレルギーは現段階での発症がなければ大丈夫で、この手術を受けるにあたっては特別な危険性は無いということでした。
現段階で症状が出ている場合には先に治療が必要になりますが、そのような場合でなければ大丈夫ですよとお答えを頂いたので検査も安心して受けられました。
そして検査の結果としては現段階ではレーシック手術をうけられるという非常に私にとっては嬉しい結果でしたので、そのまま手術を受けることになり、手術後はもちろん健康的で裸眼で過ごすことのできる状態にもなれました。
また、手術は痛いのかなども気になりましたが、その点については麻酔をするので、全く痛みはありませんでした。
但しこの手術の後は基本的に眼に優しい生活を心がけなければならないというのが大事な所で、手術後に眼に強い刺激を与えるなどをすると眼が弱っている状態のところに刺激を与えてしまうことになるので良くないと言われました。
もちろん眼を手でこするなどの些細なことにも気を配らなければならないようです。
様子見期間も必要なようで、私は現在様子を見ながらクリニックで検査などを行なっている最中ですが、今のところは眼が良くなったというだけで、逆に悪くなったり視力が落ちたりといったことはありませんから、私と同じように悩んでいる方には是非ともオススメしたい手術だと思っています。
また、この手術は保険が適用されないので、13万円から15万円ほどかかってしまいますが、使い捨てコンタクトレンズの使用などを定期的にしている方は1度に支払う高い金額の方がかえって安くすむというパターンも考えられます。

コンテンツ

おすすめ