画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックで主流となっているエキシマレーザー

近視矯正治療でいま最も注目を集めているのはレーシックという手術法です。
90年代にアメリカが普及し始めた方法ですが、芸能人や有名スポーツ選手にも受けている人が多いことから日本でもかなり認知度が上がり、レーシックを受ける人の数は急激に伸びています。
レーシックはそれまでの近視矯正手術とは一線を画する画期的な手術法です。
多くの人が裸眼で1.0かそれ以上の視力へと回復しました。
また、早ければ術後すぐに視力の回復を実感することが出来ます。
保険がきかない治療法なので手術費は安いものではありませんが、これまでのメガネやコンタクトレンズといった何かを装着するのではなく、自分の裸眼の視力が回復できるところが何と言っても魅力です。
私も幼いころから視力が悪く、どんな時でもメガネかコンタクトレンズは手放せません。
メガネはたまにつけるのは良いのですが、初対面の人と会うときはメガネの印象を強く与えてしまうので避けています。
コンタクトも初めてつけてからかなり経つのですが、その間かなり改良が加えられたとはいえ目に異物を入れていることに変わりはないので負担がかかっているのを感じます。
また、コンタクトをつけてからドライアイに悩まされるようになりました。
とはいえ、裸眼ではほとんどぼやけて何も見えない状態なので外出などできません。
特に煩わしさを感じるのは旅行などで泊まるときなどに、面倒臭さを感じていました。
急きょ宿泊する用事が出来た時はコンタクトのケア用品などをいちいち買わねばなりません。
そうした経緯もあってレーシックを受けることを自然に選択肢に入るようになりました。
私が今考えているのは、エキシマというレーザーを使った手術法です。
同じレーシックといっても使う機械や手術法によっていくつか種類があります。
その中でも私が検討しているのは最も一般的な方法と言われているもので、安全かつ正確な治療帆と言われています。
元々は工業用のレーザーとして利用されていたものが、その特性を生かして医療用に使われるようになりました。
このエキシマレーザーの大きな特徴は、熱が発生しないため熱に弱い角膜組織の治療に使用することが出来る点です。
このレーザーから出る波長は短く、他の組織を傷つけたり遺伝子に影響を与えることなく狙ったところだけを確実に治療することが出来ます。
また、発がん性といった副作用がないことも証明されており、そうした部分が安全かつ正確な方法とされている理由です。
現在では、近視矯正治療はもちろんの事、歯科や外科といった手術にも用いられている最先端技術の機器です。
このレーザーに関しても一口にエキシマといっても型番やメーカーによって性能が違うので、どの病院にどの機種が導入されているかを調べる必要があります。
ドクターの技術もさることながら、この手術では機器の性能の高さが成功の可否を握るとも言われています。
欧米では日本よりもはるかにこの手術が浸透しており、より多くの人が受けています。
今後もますます受ける人が増えていくことが予想されますが、私も自分の納得できる機器、クリニックを探して十分知識を持ってから是非受けに行こうと思います。

コンテンツ

おすすめ