画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術でのおすすめのクリニックの選び方

私がこの視力矯正のレーシックの手術を受けることを決意する前には、クリニックの評判、クリニックで用いられている術式や手術内容、手術費用、院内設備など様々な情報を調べ手術に臨みました。
しかしながら、手術の痛みについての不安や、手術後の視力の問題などには多少の不安感が残り、完全にこれらの手術に対する不安を撤廃する事が困難でした。
その為、手術を受ける際には、痛みに対する恐怖感を和らげる為にも予めこの手術について重要なポイントを学び、この恐怖心を取り除く事に専念しました。
そして、手術中と術後の数日間を乗り切る事が出来れば、視力が回復でき、裸眼での生活が送れるという希望を抱き、手術を受けようと決心しました。
又、この時期に会社の同僚がレーシックを受けていたこともこの手術を受ける大きなきっかけとなりました。
同僚の話から、おすすめのクリニックや手術を受けた際の話を聞いた事、裸眼での生活がどれだけ楽になるか、など手術の詳細を聞く事が出来たために、安心してこの手術に臨む事ができるようになりました。
その後は、インターネットを活用してクリニックを探したり、手術を受けた方の体験談をチェックし、より安心感を得る事が出来ました。
更に、インターネットの情報を通して、手術の危険性の低さも理解する事ができ、視力低下や失明の危険が極めて低く安全性の高い手術である事を理解する事が出来たために、手術に対する不安を大幅に解消しました。
ここでは私がレーシック手術を受ける際に参考にしたお勧めのクリニックの選び方についてお話致します。
先ず最初に、レーシックの手術の技術は医療機器の進歩に伴い、手術はコンピューター制御され自動化されています。
従来は、ドクターの技術により角膜を削っていましたが、近年ではコンピューター制御のレーザー光線が用いられ、ドクターは角膜に接触することなく手術が行われています。
その為、私はこの手術を受ける際に、手術用の医療設備と執刀医の技術の高さが重要なポイントになると判断し、この手術の成功率に大きく影響を及ぼす点を重視してクリニックを選びました。
その為、大切なのは最新設備を導入していることで、機器の性能により術後の視力に差が出る事もある為に、クリニック内が清潔であること、手術前の適応検査をしっかりやってくれること、手術を受けた後のアフターケアがしっかりしていることなども重視してクリニックを選びました。
次に、私がこのレーシック手術を受ける前に重視したポイントとして、適応検査があります。
この手術を受ける前には検査を受ける必要がありますが、この適応検査では基本的な近視、遠視、乱視の状態の確認から、角膜の形状、厚さなどをチェックします。
これはこの手術をしても問題が出ないかということを確認するもので、どの程度の視力調整が可能なのかというポイントを判断する為にも用いられます。
この適応検査の結果により、手術の詳細が確定する為にこの検査をきちんと行ってくれるかどうかは重要なポイントとなります。
多くのクリニックがこの適応検査は無料で行っており、この検査の申し込みはオンライン予約できるために、時間を気にせず手軽に申し込むことが可能です。
このように私はクリニックを選ぶ際に、このようなポイントを重視しました。

コンテンツ

おすすめ