画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術前後でのお酒はダメ

レーシック手術は、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照査して、一部分を削り取る事で曲率を変えて、視力を矯正する手術です。
かつては麻酔をかけてメスで切り込みを入れるという方法が用いられていましたが、その頃に比べると容易に手術を受けられる様になりました。
今では日帰りで手術を受けられる様になっています。
レーシック手術の前には、ハードコンタクトレンズを使っている場合には1週間ほど前から、ソフトコンタクトレンズを使っている場合には3日前から裸眼状態にする必要があります。
このため日常生活に若干の支障が出ます。
さて、日常生活のたしなみとして考えられるものとして、お酒があります。
手術の前後での飲酒はいかがなものでしょうか。
まず手術前の事を考えます。
麻酔がかからなくなるからダメという説がありますが、そこまで極端な場合は稀なようです。
手術前に視力検査を行うのですが、飲酒によって集中力や判断力が下がり、測定結果が実際よりも悪くなる事を避けるためです。
それから飲酒により眼圧が上がる事が問題です。
手術時に瞳孔を開く目薬をさすのですが、眼圧が上がりすぎると目薬が使えなくなってしまいます。
また、瞳孔が開きやすくなってしまうことにより、視力検査の結果が悪くなる事もあるという事です。
以上の理由から、手術の前日の飲酒は避けて下さい。
手術後は、1週間は飲酒を控える様にして下さい。
角膜にフラップというふたをつくり、角膜を削るのですが、縫合は行いません。
縫合すると凹凸が出来てしまい、却って視力が悪くなってしまうのです。
フラップは表面張力で張り付いているため、不安定です。
うっかりずれてしまうと大変です。
そのため、保護メガネの着用が指示されます。
就寝中でも慎重な方は着用するようです。
もし飲酒していると判断力が低下し、目がかゆいからと無意識にこすったり、転倒などによってどこかに目をぶつけてしまう恐れがあるので、お酒は控える様にしましょう。
また、レーシック手術の後は副作用として目が充血しやすくなります。
この充血は内出血でもあるので、飲酒によりその状況が悪化する事が考えられます。
深酒をした翌日に、目が腫れぼったく感じる事はありませんか。
このような状況を術後に起こしたら、悪影響を及ぼす訳です。
これらの理由のため、手術から1週間程度はお酒はやめておきましょう。
1週間経てば完全にいいと言う訳ではありません。
フラップは縫合しないので、ゆっくりと周囲となじんでいきます。
術後の経過を良くしたいならば、医師から1週間程度の禁酒をいわれたとしても、それ以上に控えておいた方がいいでしょう。
医師によってはそれよりも短い期間の禁酒を告げられる事があるでしょうけれど、長年にわたって手術後の目を使って生活する事を考えますと、長めに禁酒をしておく事がいいわけです。
もちろん飲酒以外にも保護メガネの着用や、処方された薬をきちんと飲み続ける事が必要です。
女性の場合は目元のメイクも控えておいた方がいいです。
目を酷使するパソコンを使った仕事や長時間のテレビの視聴なども控えましょう。
これらの事も、飲酒してしまう事により注意が疎かになり、守れなくなる恐れがあります。

コンテンツ

おすすめ