画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術の支払いはクレジットカードを利用する事が可能です

近年、パソコンやゲームなどの電子機器の過度の使用や、老化によって自然に視力が低下してしまい、近視になる方が急増しています。
そして、一度低下した視力は薬や医療機器などでは回復させる事が出来ず、眼鏡やコンタクトレンズといった補正器具を使用しなければなりません。
しかし最近では、これらの補正器具を使用せず、レーシック治療という新しい治療法が進んでいます。
日本では割りと新しい治療法と見られていますが、アメリカなどでは以前から一般的に行われている治療法です。
視力の低下は、眼の中にある角膜の屈折により起こると言われています。
レーシック治療では、レーザーにより眼の角膜を薄く削り、屈折している部分を調整し、視力を回復させたり矯正したりするものです。
これらは治療法と言っても、健康保険は適応されず、自由診療の扱いとなります。
そのため、健康保険の適応される治療法とは違い、少し高めの支払いが必要になります。
以前、私が手術を受けた時は、両眼で20万円程でした。
しかし、クリニックによって手術の費用に差があるのが現実です。
安いクリニックでは10万円程で受けられるところもありますし、高いクリニックですと50万円程かかる事もあるようです。
提示されている料金が、検査代、手術代、薬代など全て含まれた料金なのかどうかもそれぞれのクリニックによって違いますので、しっかり下調べをした上で来院される事をお薦めします。
そして、私の場合ですが、手術の支払いはクレジットカードを利用しました。
これは前もってクリニックに可能かどうかを確認していましたので、安心してカード一括払いでお願いしました。
もちろん分割支払いも可能なようです。
カード支払いにした理由は、料金が決して安い値段ではないので、手で現金を持って行くのに不安を感じた為です。
そして、明細も年末の医療費控除や、生命保険の給付金申請をするのに必要だったので、しっかり頂いて帰りました。
その後レーシックを受けて何の問題もなく、毎日快適に過ごしています。
クレジットカードの支払いも私の場合は一括支払いで済ませてしまったので、その次の引き落としだけで終了し、何も残っていないのでとても気が楽です。
眼鏡やコンタクトレンズを装着していた頃の事が懐かしく感じる事さえある位です。
眼鏡の頃は、視力が低下する度に新しいレンズに作り変え、コンタクトレンズに関しても何度も購入しなければなりませんでした。
今思うと、手術の料金よりも今まで使用していた補正器具の方がよっぽど費用がかかっていたかもしれません。
もっと早くこの治療法の事を知っていれば良かったなと思います。
手術にはクレジットカードを使う事も出来ますので、自分の支払いが可能な料金と自分に合ったクリニックを探し、眼鏡やコンタクトレンズに頼らず自分の眼だけでよく見えるようになる事が出来るレーシック治療を受けて下さい。
きっと受けた次の日には素晴らしさを実感出来ると思います。
今までぼやけて見えにくかった光景が、あなたの自分の眼で、綺麗で鮮明な光景に変わるのを見てその感動を味わい、実感して下さい。
きっとレーシックを受けて良かったと感じることでしょう。

コンテンツ

おすすめ