画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックのクロスリンキングについて

クロスリンキングは角膜強化法とも言われている施術です。
眼の角膜にリボフラビンを点眼しながら紫外線を照射する方法の事で結果的には角膜の強度を上げる効果が見られるものであり、レーシック手術では角膜を弱めてしまうことに対してこのクロスリンキングを行なっておくと角膜の強化ができるのでより安心してレーシック手術を受けられるという優れた施術です。
私も以前のレーシック手術ではどうしてもこの手術後に角膜が弱ってしまうという点に不安が伴いましたので、クリニックの先生と相談してこのクロスリンキングを同時に行ってもらう方法をとりました。
もちろん手術は上手くいきましたし、手術の時にも安心感が強かったのであまりストレスにもならずに手術を受けることができましたから不安を抱えてしまいがちな方にもお勧めできる方法だなと感じました。
ただ、私の行ったクリニックの場合にはきちんとレーシック手術を行う前提のクロスリンキングを受けられるというクリニックでしたので、思い通りにやって頂けましたがどこの病院でもそのようにしてもらえる訳ではないようで、一度別の病院でこのクロスリンキングについて相談した所、断られたこともありました。
その理由は、私の眼が円錐角膜でも角膜拡張症でもないという理由からで、そこのクリニックでは安全性が保証できないので出来かねる、と言われてしまいましたのでとりあえずその時の手術はやめる方向にしたのですがこういったパターンもあるので覚えておいた方が良いと思います。
やはりこの角膜強化法に対してはどちらかと言えばそのクリニックの設備などで同時に出来るものなのかどうかなどが異なってくる内容のようですから、まずは自分の眼を知ることとクリニックの先生とじっくり相談することが大切のようです。
先生がお勧めされない方法での手術となると、基本的にはあまり良い結果を招かない可能性があるとも思っておいたほうが良いですし、できれば出来ない等とおっしゃっているクリニックの先生にどうしてもやって欲しいのでという理由で角膜強化法を頼むのは避けた方が無難です。
個人個人で不安に思う所や、これまでにどのようなものを使用してきたなどの過程も違いますし、視力も違うことなのでこれについて最も確実なのはこの角膜強化法についてもしっかりとクリニックの先生のお話を伺う方法です。
また、レーシック手術のはじめの第一歩は、手術をしてくれるクリニックへ出向く事と適性検査やカウンセリングをしてもらう事です。
これらは無料で受けることを可能としているクリニックが沢山ありますし、手術は完全予約制となっていますから適性検査をして大丈夫だからすぐに手術をしましょうといった流れになることはまずありませんし、まずは自分の眼についてのお話と手術を受けるのであればこんな方法がありますという現実的なお話から聞くことが出来るようになっていますから安心です。
また、長く付き合う事になるクリニックですからあまりにも遠いクリニックは避けた方が良いのではないかと私は思っており、できるだけ近くのクリニックを選ばれた方が通いやすくなります。
手術の後1週間以上は確実に通うことになりますからその事も配慮しながらクリニック選びをされることを強くお勧めしておきます。

コンテンツ

おすすめ