画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

セカンドオピニオンをもらってレーシック手術

レーシック手術を考えている方は多いと思います。
私も情報を集めていた時に、メリットとリスクの情報が錯綜していて判断に困った覚えがあります。
一つアドバイスできるとすれば、セカンドオピニオンを取る重要性についてです。
セカンドオピニオンは自費扱いになることが多いのですが、それでも十分に複数の意見を聞くことが大切です。
無料のカンセリングや相談を行なっているクリニックもあるので、まずは無料のものから始めていきます。
自分でもインターネットや情報誌などに当たって情報を集めていく必要があります。
体験談などもインターネットなどを活用すれば入手することはできます。
しかし、その体験談が役に立つものかどうかの判断は簡単ではありません。
宣伝やステルスマーケティングである可能性もあるので、判断はますます難しくなってしまいます。
決定的な情報は入手できないものとして、総合的に判断していくことが大切になってきます。
私自身も判断をする際には複数の情報を信じこんでしまうことなく、複数の情報の中の一つとして処理することに務めていました。
レーシック手術のように情報が豊富にあるものの判断がしにくいものは、専門家の意見が大切になってきます。
自分自身のライフスタイルや目のコンディション、価値観などを十分にわかってもらって、複数の専門家に意見を聞いていきます。
専門の医師に相談することで、現在の状況の中でどのような選択が最適か意見が異なってくることもあります。
レーシック治療を行う専門医でも、必ずしも何が何でも治療を勧める医師ばかりではありません。
治療を希望する人の目のコンディションが、治療に向いていない場合は治療を勧めないことも当然あります。
治療を希望する人のライフスタイルや価値観から判断して、レーシックを行う必要性がないと判断する眼科医の先生もいるので、複数のクリニックを訪れてセカンドオピニオンを積極的に聞いていくことが本当に大切になってきます。
眼科医以外にも親しい医師の方などがいれば意見を聞いてみる事をお勧めします。
専門医ではないので専門的な判断ではありませんが、様々な治療に関する情報の中からより良い判断を下すプロセスに役だってくれることは確かです。
医療の分野の総合的な判断を常に行なっている人たちですから、幅広い意見を聞くためにも、ホームドクターなどの意見も積極的に聞いていくことが大切です。
最終的に治療を受けるか否か判断するのは自分自身です。
セカンドオピニオンを十分に集めて、目のコンディションの判断は専門のお医者さんの意見を尊重して、そこに、自分のライフスタイルで果たして効果的な治療なのかの判断、自分の価値観にあった治療なのかコストなのかなどの判断をしていくことになります。
十分に検討した上で治療を行えば、より良い結果となる確率は高くなります。
医療行為は100パーセントというものはありませんから、一定の確率の中で判断していくことになります。
最後に、術後のケアに関してもセカンドオピニオンが大切になってくるケースがあります。
術後の回復が遅いと感じた時などに、違う意見を聞くことで最適なケアを実施することができます。
そして、順調に回復が進んでいるとアドバイスがあれば、安心してケアに集中することができるので、術後も複数の意見が大切になってきます。

コンテンツ

おすすめ