画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックってなにか

日常生活の中で、視力が低下していると、回りが見えにくく、とても不便です。
メガネをして視力矯正をすると、メガネで耳の回りや鼻筋が痛くなったり、スポーツをするうえでとても動きにくくて邪魔です。
また、フレームがあるメガネだと、フレームが視界に入って、その部分が見えにくくなります。
また、コンタクトレンズを入れるという手段もありますが、ハードコンタクトは慣れるまでにとても痛い場合があるということ、ソフトコンタクトはきちんと扱わないと目にトラブルを抱えやすいという難点があります。
また、ソフトコンタクトレンズは使い捨てが主流となっていて、定期的に眼科へ通って、処方箋を出してもらわないと購入することができません。
そこで、レーシックという手術方法があります。
レーシックってなにと知らない人は思われると思いますが、角膜矯正手術の一つで、目の表面の角膜に直接レーザーを当てることによって視力を回復するというやり方の手術です。
この手術を受けることによって、メガネもコンタクトレンズもつけることなく、本来の視力が良かった時と同じ状態に戻ることができます。
レーシックの手術を受けると、今までは0.1以下の悪い視力で、裸眼だとほとんど何があるのか、また駅の電光掲示板の字などの細かいものは判別できなかったのですが、手術を受けたあとは、裸眼で1.5程度の視力まで回復し、とても生活が便利になりました。
起きてすぐにメガネを探さなくてもいいというのは、とても快適なことです。
メガネが置いた場所から少しでも寝てる間に移動してしまうと、見えない状態で手さぐりで探すのがとても大変でした。
時には、家族を起こして探してもらうこともありました。
手術して、その直後から視力が良くなったような実感がありました。
手術による痛みは全くなく、何かを我慢するというようなこともありませんでした。
終わった後には目薬が処方されるので、案内された通りに目薬をさすことで、少しずつ違和感がなくなっていきました。
どのクリニックで施術を受けるか悩み、ホームページの情報を確認したり、直接病院でカウンセリングを受けたり、また施術方法によって金額も変わってくるため、そこのところを総合的に判断して決めました。
その時によって施術方法は進化しているので、できるだけ新しい施術方法のほうが安心ではないかと感じ、その施術方法にて手術をしました。
レーシック手術を受けた後には、定期的に病院へ通って、診察をしてもらい、チェックする必要があります。
何かあった時にはアフターフォローをしてもらうことができます。
手術を受けた後は、スポーツをする上で風を気にする必要がなくなったり、スイミングをする際には度付きのゴーグルを用意する必要がなくなったりと、とても快適になりました。
また、日常生活でも、コンタクトレンズの時には、強風だとすぐに目にゴミが入ってしまい、出先では簡単に外すことができず、痛いまましばらく我慢しなくてはならないという不便がありましたが、そういったことから解放されました。
また、コンタクトの洗浄という日常的な仕事が一つ減ったことで、生活に少しゆとりが持てるようになりました。

コンテンツ

おすすめ