画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックができない場合

レーシックは視力を矯正することのできる特別な手術で眼球の角膜を切除して視力を回復するので、従来はかなり怖い手術でしたが、近年ではレーザー等でも行えるので安心して手術を行えるようになりました。
患者としては意識がある状態で眼球にメスを入れられるのはとてもではないが恐ろしい事なのでできる事ならばレーザー等である程度痛みもなく、目にメスを入れる瞬間を見なくても済むので近年は特に人気が高い方法です。
しかし、レーシックはこの角膜を削って行うものなので角膜に十分な余裕がなければいけません。
角膜が薄い場合にはレーシックを行うと角膜が無くなってしまうのでこの手術はできないです。
角膜に厚みがあれば割と余裕を持って手術ができますが、手術を行う前のチェックの段階でできるかできないかはお医者さんに判断されます。
私が手術を行おうと思って診断に行った際に先に診断を行って手術ができるかどうかを検査しました。
その際に、角膜が少し薄くなっているという事で手術は控えた方が良いという事を言われました。
時期的なものもあったり、アレルギーのような症状があった後などには眼圧の影響で角膜にも影響があるそうです。
そのため、私はその時は手術ができませんでしたが、また体調が良くいろいろ問題がない時に再度検査を行えば手術を行えるという事を聞いたので一度その時には機会を改めることにしました。
それでも二度とレーシックを受けられないわけではないので安心しました。
視力を回復するには他にも方法があるようですが、そういった方法も試しながらしっかりと視力を回復させていこうと思い、それからしばらくは栄養をしっかりと摂取し、目を酷使するような作業もそれほどせずしっかりと目を休めながらの生活をするようにしました。
そうして少しずつ目を強くしていき手術ができるように工夫していきました。
お医者さんに聞いた話ではある程度の厚みができて、しっかりと健康であれば手術はできるという事でしたが、元々視力の悪い私は底まで大きい視力の回復は難しいと言われていました。
それでも少しの手術でも視力を回復できて当時0.1しかなかった視力から0.5には上昇するだろうと教えてくれたので眼鏡の度を下げて目に優しい状況にすることも今後大切だろうと考えて再度手術の検査を行いました。
その時にはしっかりと検査を通りましたが、手術ではほんの少しレーザー治療を行って視力を回復しました。
それだけでもかなり見えが良くなって、今まではほとんどぼやけていたものがしっかりと形になって見えるようになり、それ以外にも運転をするとき等にもかなりモノが見えるようになったので相当助かりました。
無事に手術ができたのは良かったのですが、始めの検査で手術が行えないというのはかなり焦りました。
事前にしっかりと検査をしてどのような対策ができるかを調べてできることをしっかりとしておくと良いでしょう。
一度検査をしてダメであっても再度しっかりと健康状態を良くしたうえで検査をしてみるのも良いでしょう。
体質でどうしても手術ができない場合には仕方ないですが、ある程度は色々試してみてより効果的な方法を探ってみると良いでしょう。

コンテンツ

おすすめ