画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックのデメリットを回避するためにわたしがしたこと

レーシック手術をすれば、短時間で裸眼生活を手に入れることができます。
乱視や近視、遠視も矯正できますし、入院する必要もないので、行ったらすぐに手術をして、すぐに帰ることができます。
つまり、視力矯正は何かとメリットがたくさんあるのですが、何事にもデメリットはついてまわるものです。
たとえば、レーシック手術の場合は「手術に恐怖を伴う」といったデメリットがあります。
角膜を剥がすのですから、怖いと感じるのは当たり前ですが、手術を検討している方の中には「やはり怖いから止めたい」と言い出してしまう人も多いそうです。
かく言うわたしもその手のタチで、手術前は怖くて怖くてどうしようかと思ったのですが、これは手術の成功例をたくさん読むことでおさまりました。
ネット上には、手術にまつわるリアルな体験談を載せている方がたくさんいます。
しかも、それらの体験談のすべてが「痛みはなかった」、「すぐに終わった」と書いていたので、わたしは恐怖を乗り越えることができ、そのまま手術にも成功したのです。
もちろん、レーシック手術には他にもデメリットがあります。
それは、「手術を受けられるのは一生に一度だけで、手術後に視力が低下してしまっても、二回目はない」ということです。
このデメリットは、わたしも随分悩みました。
でも、すぐに答えは出たのです。
視力を低下させるようなことを極力避けるようにすれば、また手術を受けたいと思うようなこともありません。
つまり、常日頃から目を労って生活すれば、「もう一度レーシック手術を受けたい」と思うようなことはなくなるのです。
これはわたしも実際に行っていることですが、テレビを見るときは離れた場所で見るようにしてますし、本もかなり離れた位置において読むようにしています。
そうでないと視力が低下してしまいますし、逆に言えばモノとの距離さえ離しておけば、視力を保つことが出来るのです。
わたしは手術を受けてからもう2年以上経ちますが、視力検査の結果はいつも変わりません。
レーシックの術後の視力と同じ視力を保ってていますし、今後も目に負担をかけなければいいだけなので、同じ手術を二回受けることはできなくても、大丈夫なのです。
視力矯正手術は、メリットのほうが確実に大きい手術だと思います。
裸眼で生活できる、ということは人生が変わるということです。
眼鏡やコンタクトレンズを使って眺める絶景と、裸眼で見る絶景はまったく違います。
度の強い眼鏡をかけていると、相手との距離感もわからなくなりがちですが、裸眼であればそういったこともないのです。
わたしは裸眼になってからの生活を気に入っていますし、本当に手術を受けて良かったと感じています。
以前はパソコンをするときも疲れて疲れてしょうがなかったのですが、今ではパソコンをするのが楽しくて仕方ありません。
読書も前以上にサクサク進むようになりました。
眼精疲労もなくなったので、肩こりも解消されてます。
さらに言うと、コンタクトレンズを装着するときにできる細かな傷がなくなったようで、眼科の先生から目が綺麗だと褒めて貰えるようになったのです。
以前は何かと目のトラブルを抱えて病院のお世話になってましたが、そういったこともないので、手術を成功させてくれた先生には本当に感謝しています。

コンテンツ

おすすめ