画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックとはどういうものか

皆さんレーシックとはどういうものか御存じでしょうか。
きっと何のことだかわからないという方も多いと思います。
実際に体験した私でも詳しい話を聞くまではわかりませんでした。
なのでまずレーシックとは何かについて書きたいと思います。
これはレーザーを使用して視力を矯正する治療方法となっていて、コンタクトレンズやメガネなどとは違って裸眼視力そのものを回復させる治療方法となっているので、近視や遠視になる前の快適な生活を取り戻すことができるようになっています。
私も実際にこの手術を受けて視力が回復して、メガネやコンタクトレンズを使わなくなってよくなったのと、視野が広がって前向きな気持ちになれたことがとても大きな変化だと思いました。
またこのレ―シックは2000年に厚生省によって許可された治療方法となっていますが、世界中では多くの方が実際に受けられている実績と技術の革新によって非常に安全で効果的な治療方法として高い評価を受けています。
実際に私も視力が回復できて効果を実感できました。
最初は目にレーザーを当てるということで不安に思われる方が多いかと思いますが、この治療方法を事前にしっかりと説明を受けて正しく理解することができて、きちんとした治療方針に従うことができれば、納得のいく治療効果を得ることができます。
次にこのレ―シック手術の流れについてですが、まず点眼薬で目に麻酔をして目を洗浄します。
次にマイクロケラトームという機械を使って角膜の表層にフラップを作ります。
このフラップとは角膜にふたをする役割があり、この内側の角膜にレーザーをあてて角膜の修正を行います。
次にレーザーを当てて角膜の形の修正を行います。
最新のレーザー装置では手術中に眼が動いてもコンピューター制御によって正しいレーザーの位置に修正されるようになっています。
次にレーザーを当てる時間はせいぜい数十秒間くらいです。
角膜の修正が終わったらフラップをもとの位置に戻します。
最後に目の洗浄を行って手術は終了となります。
このまでの所要時間は約15分から20分となっています。
点眼薬による麻酔なので目が痛くなることはほとんどありませんでしたし、手術の時間も約20分程度だったので体がしんどいという感じは全くありませんでした。
どちらかというとあっという間に終わってしまった感じでした。
またこの手術は入院する必要がないので手術当日に自宅に帰ることができるところがよいと思いました。
麻酔が切れたころから多少違和感がありましたが、点眼薬を使用すると違和感がなくなりました。
手術後3か月くらい角膜が回復する際にドライアイのような症状が少し出ましたが、点眼薬を使うことで症状が改善されました。
こんな短時間でメガネやコンタクトレンズを使う必要がなくなったことが本当にうれしかったです。
裸眼で生活することがどれだけ素晴らしいことか実感することが出来ました。
それと同時にこれからはもっと目を大切にしていかなくてはいけないと感じました。
レーシック手術を検討している方も多いと思います。
まずは詳しい説明を聞いて、自分で納得して手術を受けることができるかどうかを検討してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

コンテンツ

おすすめ