画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックを受けドライアイまで改善

レーシックを受けて良かったことが当たり前のことかもしれませんが、裸眼での視力の向上です。
今まではメガネやコンタクトレンズがなかったらほとんど見得ることが出来なかった世界が、レーシックの手術のお陰で裸眼で見えるのです。
とっても嬉しいことですが、これだけではないのです。
なんと長年苦しんでいたドライアイの症状まで改善されたのです。
仕事柄パソコンを使う日常生活の中で、目にかなりの負担を与えていたのだと思うのです。
しかしまさかパソコンを使わない生活が出来るわけもなく、使用しなければ仕事にもならないのです。
極力正しい姿勢で使用するようにするとか、目に良い食べ物を食べるように心がけるようにはしましたが、それだけでは改善はなかったのです。
頻繁にドライアイの症状になるので片時も目薬だけは手放すことが、出来なかったのです。
極力仕事以外のメールなどを控えたり、スマートフォンの操作などもあの小さな画面の方が目には悪いかなという思いから出来る限り控えるようにはしていたのですが、症状は悪化する一方だったのです。
それがなんと嬉しいことにレーシックの手術後、ドライアイの症状まで改善していたのです。
始めは視力が回復してことが嬉しくて気づかなかったのです。
そして視力がある程度落ち着いた矢先、常に携帯していた目薬を持ち歩かなくなったこと、必要でなくなったことに気づき、視力だけでなくまさに一石二鳥手に入れることが出来幸せです。
視力はもしレーシックを受けなかったとしても、メガネやコンタクトを使用して、視力を矯正することは可能です。
しかしドライアイの症状は、医者にも通っていたのですが全く効果がなかったのです。
そして症状がどんどん悪化するにつれて、仕事にも少しずつ支障をきたしている感覚に見舞われ自己嫌悪に陥っていたのです。
そんな時だったからこそまさに一挙両得の出来事には、他力本願の結果ではあったにせよ嬉しいのです。
レーシックを受けた方が皆ドライアイの症状が改善されるかどうかはわからないですが、水掛け論を言うよりも実際に脈があると本気で感じた方にはお勧めの方法の一つです。
実際私の場合はどちらかというと棚からぼた餅のような感じだったので、これだけ改善が見受けられたことは奇跡以外のなにものでもないと思うほど感謝する出来事なのです。
あのままずっと風雪に耐えるようなことをしていても、どんどん悪化の一路をたどっていたとしか思えないほど苦しかったのです。
だからこそ今これだけ快適な生活が出来ることが目頭が熱くなるほど嬉しいのです。
正直なところ胸を居ふくらませながら手術自体は受け物は試しで受けた結果が、胸をときめかすことになったことに安心しています。
今これほど開放感のある生活が送れること、あれほど苦しんでたことから逃れることが出来、今まで出来なかったことまで一花咲かせる思いで頑張りたいと、やる気のエネルギーがみなぎっています。
だんだんこの状態が慣れてきて、喉元過ぎれば熱さを忘れるところもありますが、恩を忘れず辛かった教訓を糧に前に進みたいです。
天は自ら助くる者を助くからこそ、自分の人生がより良いものになるよう自分で切り開いていきます。

コンテンツ

おすすめ