画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックを受ける時に心配だったのはドライアイがひどくなるのではという事と手術を受けたせいで治らない事になってしまうのではということだった

レーシックの手術を受ける前に心配だったことは、ドライアイの後遺症が残ってしまうのではないか、悪化してしまうのではないかということです。
PCを使う仕事をしていることもあったので、ドライアイになりやすく、困っていたからです。
もしも手術を受けたせいで一生治らないことになってしまったらと思うと、レーシックの手術に興味はありましたが踏み切ることができませんでした。
そんな時に、手術を受けたことのある同僚から話を聞くことが出来ました。
彼女もドライアイになりやすく、そのせいで手術をうけるかどうするかでずっと悩んだそうです。
ですが、経験者の人から症状が出てもそのあと治る人が多いと聞き、思い切ってうけたそう。
彼女の話によると確かに手術を受けてから3ヶ月頃までは目が疲れてしまいやすく、乾く感覚がありチカチカする、といったドライアイの症状がでていたそうなのですが、毎日こまめにクリニックから処方された点眼薬をつけていたらいつの間にか気にならなくなったそうです。
それを聞いてそれならばとクリニックに行ってみることにしました。
クリニックでの説明も、同僚から聞いた話と同じ感じでした。
症状が出る人は多いということ、そして手術を行う流れの中で涙の量を調節する神経を切ってしまうことになるので、この後遺症が出てしまうことは仕方ないことだということ、そしてレーザーで切った神経はそのままなのではなく、数ヶ月以内に治癒されるとも言われました。
確かに、手術の時間的には短いとはいえ、目の角膜をレーザーで切ったり貼り付けたりするのですから、何も後遺症が出ない方が不思議です。
包丁ですっと指を切ってしまうだけでもキズが出来たり血が出ますしね。
クリニックでの説明を聞いてさらに納得出来たので、手術を受けました。
手術自体はとても簡単で、思っていたよりもスムーズに終わりました。
術後の痛みや違和感も全くないというわけではありませんでしたが、涙が自然とポロポロこぼれてきたりチクチクする感じがあった程度で辛くはなく、光が眩しく感じやすいハロ現象というものもありませんでした。
視力も先生が手術前に言っていた視力よりも数値が上がり、嬉しかったです。
肝心のドライアイの症状ですが、やはり手術後から2、3ヶ月くらいは強くでやすかったです。
特にPCを使った後と、朝方に強く出やすいなと思いました。
なので意識して朝とPCを使用した後にクリニックから処方された点眼薬をたっぷりとつけるようにしていました。
そのせいか、じわじわとではありましたが、症状が緩和されていき、4ヶ月目くらいの時にはもうほとんど気にならない程度にまで改善されました。
人にもよるとは思いますし、先生の腕が良かったのかもしれませんが、それほど後遺症のことは心配する必要はなかったのかな、と感じました。
ちなみに、点眼薬はクリニックで処方されたものでないと、痛みを感じたりしみてしまうことがあるそうです。
友達がクリニックに行くのが面倒だからと、市販の目薬をつけていたら痛みを感じてしまい、結果暫く通院するはめになってしまったそう。
確かにクリニックにお薬を貰いに行くのは面倒でしたけれど、注意しておいて良かったです。

コンテンツ

おすすめ