画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック後にドライアイになるのを防ぐために目薬を

レーシックは角膜にレーザーを照射して視力を回復する手術です。
レーシックを受ける前にが必ず適応検査を受けます。
この検査では角膜の厚さや視力、眼圧や眼底などを調べます。
また受けるかどうか迷っている段階の場合でも10分ほどで簡単に結果がでる簡易検査もあるので、まずそれを受けてみるのもよいです。
こちらは適応するかどうかを簡単にしか調べませんので、いざレーシックを受けたいとなった時には改めて適応検査を受ける必要があります。
適応検査にかかる時間はそのクリニックにもよりますが、大体3時間前後だと考えておくとよいです。
検査は無料でしてもらえることが多いので、悩む前にまず調べてみるのをおすすめします。
検査も手術も予約を入れておきます。
検査と手術を当日全てしてしまうのはほとんどありません。
まれにクリニックによって行っている場合もありますが、検査から手術まで時間をあけて目を休ませる必要があるので、もししたとしても時間が非常にかかります。
レーシックの手術は消毒と点眼麻酔から始まります。
手術の前には簡単に目の状態を検査します。
麻酔はすぐに効いてくるので、そうしたら専用器具で目を開けたままの状態にしておきます。
レーザーで角膜表面にフラップというふたを作ります。
そしてフラップをめくったままレーザーを照射します。
終わったらそれを元に戻して、再び点眼薬をさして終了です。
この手術を受けた後にドライアイになる人も少なくありません。
これは角膜の表面をレーザーで削るので角膜が乾きやすくなってしまうためです。
手術した後1.2週間ほど一時的になってしまう人と術後すぐは大丈夫だったけれど数か月たってからドライアイになってしまい、長期間続いてしまう人がいます。
これは人それぞれで違います。
ただほとんどの場合は術後の一時的なものであることが多いです。
私自身がもとからドライアイです。
手術を受けた後には前よりも少し乾きやすくなっていましたが、幸い、私の場合は術後数週間だけであとは以前くらいにまで戻りました。
ドライアイになると涙があまり出ないのでゴミが目についても流れてくれず手でこすることになりやすいです。
ですから、そうなるのを防止する意味でも術後は目薬をさします。
術後にはドライアイ専用の目薬が処方されます。
これを医師の指示通りにきちんとさしておくことが大切です。
私の場合は手術当日は1時間に1度目薬をささなければいけませんでした。
けれど、もとが乾きやすい目だったのでちょうど潤って私的には気持ちよかったです。
目薬は市販のものは術後1週間ほどから使うことができます。
できれば防腐剤が入っていない目に優しいタイプのものを使用するのがいいそうです。
ですが私が受けたクリニックでは術後3年間は保証があって、目の診察や目薬などの薬代は無料でした。
クリニックで処方してもらうほうがより安心なので、私はクリニックで処方してもらいます。
レーシックをしたおかげで私は女性として自信が出てきました。
それに小さな文字もずいぶん見えるようになったので自動車の運転免許証更新などの視力検査も心配せずに行けるようになってうれしいです。
目はいつまでも大切にしたいものです。

コンテンツ

おすすめ