画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

パソコンで視力が落ちてきたのでレーシックで回復を

一日中パソコンを使う仕事をしている人にとって、眼の健康はとても大事なものです。
眼の負担が増え、霞むようになったり、疲れやすくなったり充血しやすくなったりで、気がつけば若い頃は視力が良くても今ではすっかりメガネやコンタクトレンズがなくてはものが見えにくくなってしまいました。
それでも、仕事ですのでパソコンの画面を見ないわけには行かず、年々視力は落ちていくばかりで、コンタクトレンズにかかる費用も毎月毎月で結構かかってしまいます。
視力が自然に回復することは無さそうなので、職業病と思い諦めていましたが、最近流行っているレーシック手術の広告が目に入りました。
噂には聞いていましたし、実際に会社の同僚でも施術を行った人がいましたので、話を聞いてみると、施術後は劇的な視力の回復が見られ、今では裸眼で生活することに問題がないとのことです。
今後一生コンタクトレンズ代を払い続けていくことを考えれば、一回の費用は高額ですが、意外にも経済的になります。
そして、裸眼で世界を見れるという、久しく覚えていない感覚がよみがえると考えると、一度クリニックに行って説明だけでもと思い、同僚が行ったクリニックに行って見ることにしました。
レーシックを行う眼科クリニックも多数ありますが、やはり評判のいいところにすべきで、その点紹介してもらったクリニックはインターネットの口コミでも好評かでした。
費用は比較的に高価な方でしたが、眼のことですので、少しのお金をけちって公開はしたくありませんので、高くても安心できるところがいいです。
数々の患者さんの施術を行なってきた先生はとても親切で、知識の浅い私にも親切丁寧に説明してくれて、とても信頼できる先生に見えました。
治療方法の説明、手術の手順、リスクの説明なども丁寧に行ってくれましたし、名前は言えませんが有名人の手術も行ったそうで、業界でも評判のところだということでした。
アフターケアもしっかりと行なってくれるとのことで、安いクリニックの様にやってしまって、はい、おしまいということはありません。
手術には二通りあり、一般的な角膜を切り開く、リスクの少ない方で私は行うことになりました。
実際に手術を行うまでは、恐怖もありましたが、痛みもなく、翌日には視力が回復するとのことでした。
手術翌日、おそるおそる眼を開けて見ると、いつもはまずベッドの近くにおいてあるメガネを探すのですが、メガネがなくても視界がはっきり見えました。
窓を開け、朝日で輝く町並みを見て、今までぼやけていた世界の美しさを再認識しました。
裸眼で見る景色はやはり、感動的でしばらくなにも考えずにずっと遠くを見渡してしまいました。
今ではすっかり視力がよくなった状態に慣れてしまいましたが、コンタクトレンズをつけたり外したりの生活から開放され、心なしか今までよりも仕事が楽しく感じるようになって来ました。
その後の問題もなく、レーシック手術を決心してよかったと思っています。
視力が回復したことで、今までよりも外出することが増え、旅行に行く回数も増えました。
今まではメガネやコンタクトレンズを通して見ていた景色も改めて裸眼で見る新しい感動があります。

コンテンツ

おすすめ