画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術後にパソコンの仕事をする場合はPC用メガネがお勧め

視力が劇的に回復するレーシックは、非常に人気の高い手術で毎年多くの人が治療を行っています。
強度の近視や乱視でも視力の回復が可能なので、今ままで視力回復を諦めていた人にも注目されています。
私も小さい頃から視力が悪く、強度の近視と乱視を持っていました。
高校の頃からはコンタクトをつけるようになりましたが、できれば裸眼で過ごしたいという希望はありました。
しかし年々視力が悪くなる一方で諦めていた時に、友人がレーシックをしたという情報を聞きました。
友人の視力は私ほど悪くありませんが、強い近視があり両眼ともに0.1程度でした。
手術後の友人は、視力が1.2まで回復して快適に過ごせていると言っていました。
その一言で私もレーシックの手術を受ける決意をしました。
私の場合、普段からパソコンの仕事をしていて、1日中画面とにらめっこという日もかなり多いです。
手術をしてもすぐに戻るのではないかという不安はありました。
しかしカウンセリングで先生に聞いたところ、多少悪くなることはあっても手術前のように戻った例は今までないと説明されました。
悩んでいても視力は改善されないので、思い切って手術を受けることにしました。
手術は非常に簡単で、1日で全て完了してしまいました。
その後、数日の検査をして問題がなければ仕事に復帰することができます。
私の場合は特に問題がなかったので、3日後から仕事に戻ることにしました。
手術後最初にパソコンの画面と向きあった時は、あまりにも目が見えすぎるため若干頭痛がありました。
これは急に視力が良くなることで発生するそうで、徐々に慣れてきます。
遠くも近くも良く見えるので、日々の生活は非常に快適でした。
パソコンの画面もだんだん慣れてきて、3カ月するころには特に問題もなくなりました。
しかしやはり手術後はかなり視力が良くなるので、目の疲れは今まで以上になると感じました。
このままでも問題はなかったのですが、少しでも目の疲れを軽減したいと対策を探しました。
手術をしたクリニックでカウンセリングをしてもらい、先生からPC用のメガネを使うと効果があると言われました。
PC用のメガネは、ブルーライトという光を遮断する効果があります。
この光を遮断することで、目にかかってた負担が軽減できるという仕組みになります。
私は通販で売っている4000円ほどのPC用メガネを購入することにしました。
値段は高価なものから格安までありますが、度も必要ないので安いもので試してみることにしました。
私の購入したPC用メガネは、若干茶色が入っていて薄いサングラスのような印象でした。
仕事的にはカラーレンズも問題なかったので、暫く様子を見ることにしました。
最初はわからなかったのですが、徐々に目の疲れが今までより軽減されていることに気づきました。
家でパソコンを使うときは、PC用レンズを使っていなかったのですが、明らかに違いがあることを感じました。
その後もう一式購入して家でも使うようにしたら、目の疲れはかなり軽減されました。
レーシック手術をして4年過ぎましたが、視力は全く落ちず快適な生活を送っています。
パソコンの仕事をしている人でレーシックを希望する人は、PC用のメガネが目の負担を軽減できるのでお勧めです。

コンテンツ

おすすめ