画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術をした後はブルーライト対策をした方がよい

劇的に視力を回復することができる手術として、レーシックは若者から高齢者まで非常に人気が高いです。
手術に必要な角膜の厚さがあれば、強度の近視や乱視も手術可能なので多くの人が毎年手術をしています。
私は強度の近視と乱視を持っていましたが、数年前に手術をして現在では快適な生活を送れるようになりました。
私の場合、元々ゲームやパソコンを使う時間が長く、目を酷使しやすい環境にあったので視力は毎年低下していました。
手術後に医師にアドバイスされたこととして、長時間のゲームやパソコンは目に負担がかかるので、できる限り控えた方が良いということでした。
ゲームは何とかなりましたが、パソコンは仕事で使用しているのでどうしようもありませんでした。
パソコンが目の負担になる原因としては、パソコンから出るブルーライトの光が目に悪影響があると言われています。
数時間ごとに休憩をとることで、眼の負担を減らすことは可能です。
できれば2~3時間おきに眼の休憩を取ることをお勧めします。
私も仕事ではなるべる数時間ごとに目を休ませることを心がけるようにしました。
しかし仕事ではどうしても忙しい時間が長く、長時間パソコン画面から目を離せないことの方が多くなります。
そのことを担当の医師に確認したところ、パソコンのブルーライトを解消するアイテムを使うことを勧められました。
レーシック手術を行うと、今までよりも目が良く見えるようになるので負担がかかりやすくなります。
そのためパソコンなどを使う人は、眼鏡やコンタクトの頃よりも疲れを感じやすくなります。
そういった症状を改善することができるアイテムに、ブルーライトを防ぐ眼鏡があります。
この眼鏡は、市販のメガネショップや通販で購入することが可能です。
値段は商品によって異なりますが、3000円前後で購入することもできます。
口コミなどでも評判が良く、レーシック手術をした人も使っているケースが多いです。
私も早速メガネショップに行って購入することにしました。
カラーなどバリエーション豊富で、お洒落なデザインも多いのが特徴です。
普段の仕事の時に使用するので、とりあえず安いもので試してみることにしました。
少し薄いカラーが入っていて、見た目サングラスのように見えます。
実際にかけてみると、かなり薄いサングラスをかけている感覚になります。
視界が薄暗くなり、明るすぎた光が和らぐ感覚がありました。
最初の頃はその効果があまりわからず、暫く使って判断することにしました。
即効性はないのですが、使い続けると徐々にその効果が感じられるようになりました。
半年ほど経過した頃には、この眼鏡なしではパソコンを使えないほど疲れが軽減されるようになりました。
かなり使用した効果が高いので、家で使うようにもう一つ購入することにしました。
私が購入したメガネは、一番安いものでしたが効果は実証できました。
様々な種類が売られているので、色々と試すのも良いかもしれません。
レーシック手術をした後は、パソコンなどのブルーライトの光はかなり目の負担になります。
視力低下の原因にもなるので、ブルーライトを遮るメガネなどのアイテムで対策することをお勧めします。

コンテンツ

おすすめ