画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックをして後悔したというブログを参考にしました

極度の近眼の人にとって、裸眼の生活は本当に憧れますよね。
私もかなりきつい近眼で、裸眼では0.02ほどしかありませんでした。
視力検査の一番上の「C」の字がぼやけて見えない時は、ショックで泣きましたね。
中学3年生からはそんな調子だったので、ずっとメガネやコンタクトレンズが手放せない状態でした。
高校生の時は親に勧められてメガネをかけていましたが、「メガネ女子」なんておしゃれなものじゃないんですよ。
近眼のメガネで、しかも私の場合はレンズが分厚かったので目が小さく地味に見えてしまうんです。
メイクで大きく目を見せようと思っても、マスカラを塗ったまつげがメガネのレンズに当たって鬱陶しいだけでさんざんでした。
大学に入ってからは、アルバイトをしてコンタクトレンズをつけるようにしました。
おしゃれに幅が広がって楽しかったですが、朝晩の手入れが大変でした。
飲み会で朝まで帰れないような時もありましたし、眼にはだいぶ負担をかけてしまっていたと思います。
自分の視力そのものがよくなればいいのにと思い、視力回復トレーニングのような本を買ってきて自己流でトレーニングしたこともあります。
ピンホール眼鏡を買ってみたこともあります。
でも、結局どれも続かなくて効果も感じられませんでした。
そんな時、芸能人やスポーツ選手の間で視力矯正治療が話題になっていると聞きました。
その治療法が「レーシック」です。
レーシックとは自分の眼の角膜を専用のレーザーで削り角度を調整することで、視力が回復するという治療法です。
手術費用としては20~30万円ほどかかりますが、逆に言えばそれだけの治療費で一生ものの裸眼ライフが手に入るのであればこんな素晴らしいことはないと思いました。
結局、コンタクトレンズを一生つけていくとしたら、それこそ何十万円もかかるわけですしね。
それからレーシックに興味を持ち、いろんなサイトを見たりするようになりました。
体験者のブログも読みました。
やはり、実際に受けた人の声が一番参考になると思ったので…。
ところが、中には「難民」「失敗」「後悔」などの何やら穏やかではない意見もありました。
でも、メリットだけでなくリスクもしっかり理解しておいた方が自分のためだと思ったので、そういった内容のブログもしっかり読みました。
その中で気づいたのですが、失敗や後悔を訴える人の多くは「レーシックが受けられない眼であったにも関わらず受けてしまった」という人ばかりなのです。
つまり、自分にレーシックの知識がなかったにも関わらず無理に受けてしまって後悔しているのです。
それを受けて私は、自分が納得いくまで説明を受けました。
そして検査も納得いくまで受けました。
もちろんわからないことは質問もしました。
その上で自分が信頼できるお医者様に治療をしていただきました。
結果としては、私は何も後悔していなく快適な生活が過ごせていて満足しています。
治療体験談が載っているブログも数多くありますが、ただ情報を丸呑みにするのではなく、その中で正しい知識と多角的な視野で判断すれば失敗はないと思っています。
私はブログを参考にしたおかげで裸眼ライフを手に入れることができたと思っています。

コンテンツ

おすすめ