画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術を受けて失敗した人のブログ

レーシック手術とは保険適用外で行われる、視力矯正のための目の手術です。
メガネやコンタクトレンズを必要とする生活から、解放してくれる画期的な手術という事です。
では、必ずしもレーシック手術を受けた人たちは幸せに暮らしているのでしょうか。
視力が回復するわけですから、今まで見えなかったものが見えるようになるという事です。
手術をして失敗したという人たちのブログが存在します。
何が失敗だったのでしょうか。
それは「過矯正」によるものだという事です。
もともと視力が良くなかった人が手術により2.0という視力に近づける事を可能にしました。
手術とは、角膜を削ることにより、視力を矯正するというものです。
方法には大きく分けて二通りあります。
それは、人の手により行う方法と、医療器具と呼ばれる特殊なレーザを用いて行う方法です。
それにかかる手術費用は、現在は10万円以下という価格で行う事も可能です。
人の手による手術の方がいくらか安くなりますが、その分リスクを伴います。
レーザーで行う手術は、機械を使いますので正確だという事です。
レーシック手術はそれをおこなうクリニックの執刀医の腕によるところが大きいです。
そのため、手術が失敗だったと言わざる負えない状況も派生してきます。
目の手術ですから、それに伴うリスクはこれから先の人生をも左右しかねません。
実際、手術が失敗だったとする人たちのブログの記事を読んでみますと、その気持ちが少しは伝わってくるのではないでしょうか。
手術を受けて失敗した後、それを改善できずにいる人たちの事をレーシック難民と呼ばれています。
手術を受けたクリニックでは保証期間が定められています。
でも、医師に相談しても、帰ってくる返答は様子を見ましょうという言葉だけという事です。
クリニック事態なくなってしまう場合もあるという事です。
手術後、その人たちはどんな生活を送っているのでしょうか。
「過矯正」のために、パソコン画面を見る事が出来ないや、夜間の車の運転ができないなどという生活に支障をきたしているという事です。
職業によっては、続けることが困難な場合もありますとの事です。
それらのブログは、これから希望をもって手術を受ける人たちには、知っていてもらいたいものです。
いいところばかりにスポットライトが当たるのは、よくある事ですが、光の裏には必ず影があるものです。
必ずしも、成功するわけではないという事です。
若者は、手術を受けることにあまりリスクを考えない傾向にあります。
そういうブログがあるという事をもっと多くの人たちに知ってもらう必要があるのではないでしょうか。
再手術をしてくれる病院もあるとの事です。
その病院は、その手術を専門にしてきたクリニックです。
難民たちの間では、最後の砦のように言われています。
もし、どうにもならない状況ならば、そのクリニックに頼ってみるという方法があるのではないでしょうか。
美容整形とレーシック手術は似ています。
どうしても必要と感じているのは本人なのですが、もう一度家族の気持ちを考えてみてください。
相談して決める事は、何より大切な事ではないでしょうか。
決して一人ではないのですから。

コンテンツ

おすすめ