画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックを受ける前に注意すべきポイント

視力が悪い人にとって裸眼で視力を矯正できるというのは非常に魅力的です。
目が悪いとどこに行くにもメガネやコンタクトレンズは手放せません。
また、出先でメガネが壊れたりコンタクトレンズを落としたりするととても不便な思いをすることになります。
レーシック手術を受ければそうした煩わしさを感じることもなくなります。
日本でも年々症例数が増加していて、芸能人や有名なスポーツ選手が受けたことによってより知名度が上がり、私も身近な人を含め多くの人が受けているので興味を持ち始めました。
そこで、レーシックに関する様々なポイントを紹介します。
まず、レーシックに関して簡単に説明すると、これはレーザーを使った角膜屈折矯正手術の一つのことを言います。
通常視力矯正を行う場合は、メガネやコンタクトを装着することによって屈折率を変化させて矯正しますが、この手術の場合は角膜そのものの屈折率を矯正するので裸眼での視力回復が可能となります。
また、手術時間そのものも15分から20分程度で入院の必要もなく、多くの人が手術を受けた翌日には視力の回復を実感することが出来ます。
裸眼での視力回復というのは、メガネやコンタクトといった矯正器具のユーザーにとっては非常に魅力的なポイントです。
私自身も長いことそれらを着用しているので、色々な場面で不便を感じることがあり興味を持つようになりました。
裸眼で視力が回復すれば、お風呂やプールといった水場、旅行先、運動中など、矯正器具では色々と制限がかかる場所でも快適に過ごす事ができます。
スポーツをする人にとっても本来の動きが出来るという事から、著名なスポーツ選手もこの手術を受けたりしています。
また、手間を省いたりファッションの面からみた快適性の追求だけではなく実際的な面で役に立つ場合もあります。
例えばどんな時かというと、急な災害時など一刻を争うような場合です。
そうした状況で、メガネやコンタクトを装着することが出来なかった場合、非常に危険な状態になってしまいます。
そうした面からも、レーシック手術を支持する声が高まっているのです。
では、手術を受ける前のポイントは一体どんな事が挙げられるでしょう。
まず一つ目は、自分の希望する手術を選ぶことです。
レーシックには手術法によっていくつか種類があります。
それぞれ特徴があってどういった人に向いているのかが異なっているので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
次に、年齢に関してです。
実は、20歳以下の人はこの手術を受けることが出来ません。
なぜなら、成長期の年齢にある人はまだ視力が安定していないためです。
さらに、40歳代以上の人も注意が必要です。
これは、40歳以上になると近視や遠視といった症状以外にも様々な要因で視力が低下している恐れがあるからです。
特に高齢の人は白内障の症状がある人も多く、この場合は保険の適用が可能な白内障の手術によって視力を回復する事が可能な場合もあります。
そして、最後に病院を選ぶときのポイントです。
病院の規模によって症例数等が異なってくるので単に症例数だけを見て判断しないこと、また導入されている機器によって性能が変わってくるので自分が納得したうえで選ぶと良いです。

コンテンツ

おすすめ