画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術を受けた後に、私が体感したメリット

元々私は自宅で内職の仕事をしていたのですが、毎日毎日、目を酷使していたので、気がつくと1.3もあった視力は0.5まで落ち、その後はずるずると0.1まで落ちていきました。
それでも、眼鏡さえあれば作業はできましたし、そこまで不便も感じてなかったのですが、そんな私の意識を変えたのは、友達のある一言だったのです。
「あなた、眼鏡似合わないから、コンタクトレンズのほうがいいと思うよ」この一言には正直ムッとしましたが、たしかに家に帰ってから鏡を見てみると、わたしの顔にはあまり眼鏡は似合っていません。
よくよく思い出してみると、周りからの評判も裸眼のときのほうが良かったような気がしたので、その日以降は、「裸眼に戻りたい、裸眼生活を取り戻したい」という気持ちが強くなり、わたしはそのまま流れるように、レーシック手術を受けることを決意したのです。
手術前はそこまで色々なメリットがあるとは知らなかったので、受けに行ってからわかったことがたくさんあったのですが、まず、わたしが病院へ行って驚いたのは、「入院する必要はない」ということでした。
「普通、目の手術をするとなれば、入院は必要不可欠なのでは」と思ったのですが、どうやら角膜手術は思った以上にカンタンに、しかも短時間に出来てしまうとのこと。
詳しく聞いてみると「十五分で終わって、そのまま帰れますよ」とのことだったので、私はさらにビックリしてしまいました。
手術の日は、そのまま病院で色々な準備をしたのですが、点眼麻酔をした後のことは、あまりよく覚えてません。
というのも、知らない間に角膜を剥がされていて、知らない間にすべてが済んでいたので、「え、終わったんですか」と思わず訊いてしまうほど、手術はあっけなく終わったのです。
私はきっと目が腫れたりするんだろうと思っていたのですが、目は本当に、手術前と全く変わらない様相でした。
腫れも一切ありません。
痛みも絶対に少しはあるものだと思ってたんですが、お医者さんの言った通り、痛みは一切なかったのです。
その後、家に帰ってからしばらくの間は後遺症に怯えてたのですが、後遺症もまったくありませんでした。
「夜の光をまぶしく感じるようになる」という噂も聞いていたのですが、そういったこともありません。
ドライアイが起きる、ということも覚悟していたのですが、それもないのです。
つまり、よく言われている「レーシックは合併症を引き起こす」とか、「ドライアイになる」というのは、「そうなる可能性もある」というだけで、絶対に、すべての人がそうなるといったことはないのです。
術後のわたしの生活は、むしろ良いことだらけです。
眼鏡を止めたおかげで顔が明るくなったと言ってもらえるようになりましたし、お風呂に入った時も顔をしっかりと見ることができるので、汚れに敏感になりました。
また、起きてすぐに眼鏡を探す、という一手間がなくなったおかげで、何となく目覚めも良くなりました。
以前は眼鏡を毎日のように拭いて、手入れしていたのですが、手術を受けてからはそういったことをする必要もありません。
わたしは本当に、手術を受けたおかげでラクになりました。
最初はちょっとお金がかかるなと思って嫌煙していたのですが、メリットを体感するようになってからは、むしろ安い買い物だったと思うようになってます。

コンテンツ

おすすめ