画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックのメリットとは

レーシックとは、角膜屈折矯正手術の一種です。
目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることで視力を矯正する手術です。
特に近視に効果的で、裸眼視力の向上に役立ちます。
特に、普段コンタクトやメガネをかけている人には着用の必要がなくなるのでメリットが大きいでしょう。
私も、近視なのですがドライアイなので長時間のコンタクトの着用は、医師から禁止されており、実際にコンタクトをつけっぱなしにしてしまうと翌日の視力にも影響する程で、とても不便を感じています。
更に不便な点は、メガネも又同様に長時間着用すると頭が痛くなってしまったりするのです。
メガネの場合は酔ったような感覚に陥ってしまうので、ほとんど着用出来ません。
裸眼では、遠くの黒板は非常に見辛く学業にも影響する程だったのですが、コンタクトもメガネもままならず八方ふさがり状態でした。
そんな中知ったのが、レーシック手術でした。
眼球にメスを入れると聞いて最初はビックリしたのと恐ろしく感じましたが、実際にレーシック手術をした知人達を見ているとそのメリットの大きさを垣間見る事が出来ました。
皆、一様に目が悪いことによる眼精疲労より起こる片頭痛や肩こり、倦怠感を抱えている人ばかりでしたが視力が向上した事により症状が改善したと驚いていました。
視力は、ただ見るだけでなく身体の至るところに関係しているのだと驚きと共に目の大切さを実感しました。
手術自体は、とても簡単ですが手術前1週間程コンタクトを辞めて眼球の角膜に傷をつけない様に注意したり、術後は2週間程アイメイクは控えなくてはいけませんが、一生の視力が戻ると思えばその位我慢出来ます。
人によっては術後1日程入院する人も居る様ですが、ほとんどが即日退院だそうで手術自体に時間が取られない事も、多忙な現代人にはメリットと言えるでしょう。
その手術の手軽さから昨今ではスポーツ選手も多く、レーシック手術を受けているようです。
スポーツが趣味の人や、身体を動かす仕事の人にもメガネやコンタクトから解放されるので魅力的なんですね。
確かに、コンタクトやメガネを着用したままでの激しい運動は気を使って本来の動きが出来ない可能性もあります。
特にプロともなると、そんな所に気を使ってられないのでしょう。
一番のメリットはやはり、日々の煩わしさから解放される点なのかも知れません。
何より、一昔前は100万円程の大金のかかる手術だったものが、最近では保健も適応される事もあり易ければその十分の一と手頃な術代で臨む事が出来ます。
これは、コンタクトで年間に維持費が何万円もかかっている人からすると、数年で元が取れるので金銭的なメリットまでもあるのです。
日々のコンタクトやメガネの手入れの煩わしさや不便さから解放され、なお且つ快適な裸眼生活がおくれ、視力悪化から来る疲れや頭痛からも解放される上に、長い目で見ると金銭面でも得と良い所だらけのレーシック。
もちろん、手術なので一定のリスクはあるものの魅力的ですね。
これを機に、脱コンタクト生活が始まりそうです。
もう、視力に悩む時代では無くなっているのだと実感しました。
視力は一生の付き合いです。
快適な日常を取り戻せるに越したことはないですよね。

コンテンツ

おすすめ