画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックのモニター制度について

まずレーシックのモニター制度とは、治療の種類が限定されていたり人数が制限されていたり、条件付きでレーシックの手術を受けることができる制度となっているものです。
私も初めて手術を受ける際にこの制度を充分に活用させてもらいましたので、ぜひおすすめしたい制度だと思っています。
またこの制度の中には完全に無料で体験できるものもあれば、有料ではあるけれど割引制度が利用できるもので、有料の代わりとしてパンフレットやホームページなどに顔写真と共に体験談を掲載したりするものがあります。
それではこのような制度を取り扱っているクリニックなどでのモニター制度についてですが、1つ目のクリニックでは老眼治療の無料モニターを募集しています。
先着30名様限定となっていて、老眼治療で用いられる角膜インレーの臨床試験を行っています。
この角膜インレーについてですが、極小・極薄のレンズを目に挿入することで近くが見えるようになりう手術のことを言います。
私も最近老眼が出始めてきたので相談してみると、ぜひやってみないかといわれ詳しい説明を受けた後に無料モニターとして手術を受けました。
結果も良好で、近くが本当によく見えるようになりましたので是非おすすめしたいと思っています。
またこの体験はレーシックと同時に受ける場合にはレーシック料金は有料となります。
また対象の方は、老眼で困っておられる45歳から60歳の方となっております。
2つ目のクリニックの募集についてですが、遠近両用レ―シックの無料体験を募集しています。
先着10名までの募集となっており、エキシマレーザーを使用しており、角膜を遠近両用コンタクトレンズのような形状に変化させ近くも遠くもよく見えるようにする老眼対応の治療方法となっています。
3つ目のクリニックでは割引の体験談モニターを募集しています。
体験談をブログやフェイスブックに掲載してリンクをはりつけることと、さらには顔写真をこのクリニックのホームページに載せることで治療費が割引になる制度となっています。
この制度はブログなどを持っている方が多い、若い年代の方々には特に人気があるのではないでしょうか。
私ももっと若かったらぜひ体験してみたかったと思いました。
次にどうしてこのような制度が始まったのかご存知の方はいらっしゃるでしょうか。
なかなかいないと思います。
この制度を始めることでクリニック側も受ける側もどのようなメリットがあるかについて書きたいと思います。
まじ1つ目は体験談が欲しいと思っているからです。
実名入りで顔写真入りの体験談をホームページに掲載することによってこの会社の良さをアピールしたいのです。
2つ目はこの制度を利用することで新しい施術を試してきたいという気持ちがあります。
やはり新しい治療方法は事績が伴わないとなかなかこの施術を受けようとは思わないからです。
実績を上げるために行っていることもあります。
この制度を活用したいのでしたら、私が行った方法ではこまめにホームページをチェックしておくことです。
また新しい情報があった時にはしっかりと確認することが必要です。
私はこれでお安く利用することが出来ました。

コンテンツ

おすすめ